韓国映画 霜花店 運命、その愛(サンファジョム) (쌍화점) A Frozen Flower   2008年

高麗末期 王(チュ・ジンモ)は美少年を36名集め、乾龍衛と名づけて常に傍らに置き、寵愛していた。元(げん)から政治的支配を受け、さらにお妃(ソン・ジヒョ)をめとった。

隊長のホンニム(チョ・インソン)は王の夜のお相手を務め、そのことで発言権があることを部下に揶揄されていた。
d0107579_512421.jpg
 

王妃からもちくりと忠告が
「お前の忠節が悪く取られることもある 気をつけなさい。」
d0107579_5142520.jpg



ある日、野遊びの途中蛮族に襲われた。命を賭して王を守ったホンニム

跡継ぎがいないことで、元にいる王の甥、慶原君を世子にする案を元の皇帝陛下から賜った王の屈辱
跡継ぎ問題を理由に無理難題を押し付けられることを案じ、世子をたて政を安定させたいと思ったが、実は王は女を抱けない身であった。
d0107579_516863.jpg



一つの方法を思いついた ホンニムに王妃の相手をさせる
なぜ私をお選びに?
王妃から生まれる子がお前に似ていて欲しい
d0107579_5172677.jpg




そして王妃と床を共にした。 女性は初めてのホンニムだった。
涙を浮かべた王妃に何も出来なかった初回
d0107579_5191413.jpg


機会はあと二度
しかしそれ以降、互いに男女の行為に夢中になる王妃とホンニム
めらめらとした目で王が覗いているのも知らず
d0107579_5201839.jpg


その後見ぬふりしても、互いに視線の端に姿をとめるようにいつしかなっていった二人

王妃は懐妊しなかった。 二人の微妙な心の変化を見逃さなかった王は宣言した。
この件については延期する その言葉に内心ぎょっとする二人

大宴会の夜、書庫で密会し互いをむさぼり合う王妃とホンニム 
ホンニムは首飾りを贈り、王妃は自分の手作りの品を差し出すのだった。 
d0107579_5182548.jpg

その後も耐え切れず命の危険を冒してまで会ってしまった。 その次もまたその次も
そのことがついに王の知れるところとなった。


------------------------------------------------------------------------


こ、これは……とーぜんR-18ですね

チュ・ジンモとチョ・インソン んもう身体を張ってますね。 男色の世界、昔で言う稚児(男色の対象とされる若年の男性の意)ですか
うげぇぇーーーーよくやりました。役者魂を感じます。
で、インソン氏、その後の王妃との全裸交合シーンというのでしょうか  もう指の隙間から見たいくらい
でも綺麗でしたよ~  あんな天蓋つきの寝台って豪華だわ~ 緋色の布だし

さて属国であるから跡継ぎが欲しい けど王妃をずっと抱けないので、自分が一番愛し、信頼する男に抱かせ妊娠させようとした。これが大きな間違いのもとだったのですけどね 
ホンニムも王妃もある意味囚われの身であって、幼い時から王に仕え、おもちゃにされてきた彼と、政略結婚で嫁いで来たけれど床の間に飾られてただけの王妃 そんな二人を肉体的に男女として出会わせてしまったのが王 
計算外だったのは、家来であり愛人である男と妻が身体が馴染んでしまい、心から慕いあってしまった。王は自業自得のはずなのに精神のバランスを崩していってしまう。
誰に怒りをぶつけたらいいの~って感じ? で、本人たちに矛先が向かいました。悲劇です。


映像が綺麗なんで結構うっとり  そして王妃の作った霜花餅のシーンには目頭を熱くしたわ が、後半えぐいシーンが多いです。思いを残した終り方でしたが、それは乱世の世では誰が急に重用され、誰がその機を掴み取るか…そんな恐ろしさを表してましたか 

霜花店というのは 貴族階級の性道徳を風刺した高麗時代のうたのこと と説明がありましたが、まあなんだ、映画「スキャンダル」風味だから、同じく性をもてあそんじゃならんということですか~?

後半はやりすぎ映画でしたね

こんな映画  ここ  や  ここ や  ここ

(映像はすぐ削除されてしまいますのでご了承ください。いたちごっこです。 上の韓国語の題、あるいは英語の題をコピー&貼り付けしてyou tube内で検索すれば新しいのが出てくると思いますよ。)





で、美男ばかりをはべらせてる隊でしたから
d0107579_5224062.jpg美男その1









d0107579_5233495.jpg美男その2









d0107579_5241499.jpg美男その3










美男の集団が舞う剣舞のシーン かっこよかったですよ
あ、美男その4を採り損ねたかも


記事お楽しみいただけましたか?
[PR]

by ymmt4495 | 2011-01-23 05:38 | 韓国映画 | Comments(0)  

<< 韓国ドラマ  個人の趣向(개인... MBC  大賞の一部分映像 >>