カテゴリ:恋するハイエナ( 13 )

 

韓国ドラマ  恋するハイエナ 16話(最終回)

「あなた、何考えてるの?バツイチの子持ちだなんて。」 両親の叱責にジンボム、今まで立派な息子であろうと努力してきた、でも今回だけは僕の選択を信じて下さい、10年もの間、自分のふがいなさを後悔してきました、もうそういうのは嫌なんです・・・。
d0107579_20383565.jpg

「過去を取り戻すために未来を捨ててもいいのか?」との父親の言葉に「許してください。」とジンボム
ジヘがスヒョンに話している。「さっきの人たちジヘのことが嫌いなの?だって睨んでたもん。」 「釜山のおばあちゃんに会いたくなっちゃった・・・行こうか?」とジヘを抱きしめるスヒョン

ベッドに運ばれ、目を閉じるジョンウン  開かれるブラウスの胸元。ところが、ソクジンの手が止まる。
d0107579_20393254.jpg

沈黙が続く。 悟って頬を涙が伝うジョンウン 「お前を抱けるなら・・・普通の男になれるなら・・・魂と引き換えにしてもいい・・。」ソクジンのうめき  静かに泣くジョンウン オッパーの背中にもたれる。「もういいの、私が悪かったの、私があなたを苦しめていたのね。」
d0107579_20402116.jpg


朝、浜辺を歩くソクジン ポケットから取り出した指輪を泣きながら海へ投げる。 遠くから見ているジョンウン

母親の危篤の知らせで病院に向かうソクジン 本当のことを知っていたのに・・・望みを捨て切れなくてつらい思いをさせたね、と謝る母親  手をとり、これからもしっかり堂々と生きてくよ・・・と泣くソクジン  陰で見守るジョンウンだった。
d0107579_2042417.jpg

葬儀に来たジンサン、チョルス、ジンボムたちに有難うと言うソクジン 「俺たちの間で水臭いぞ。」とジンボム
喪服姿のジョンウンの隣に座る父親 「親の勝手を押し付けたな。初めて会ったとき、この子ならソクジンも変わるんじゃないかと思った・・・・うちの嫁に来て欲しかった・・。」 母親の手製のマフラーを渡す父 「嫁が無理なら、娘でどうだ?」「・・そうします。」泣き笑いのジョンウン、マフラーを巻く。

More
[PR]

by ymmt4495 | 2007-07-06 13:40 | 恋するハイエナ | Comments(2)  

韓国ドラマ  恋するハイエナ 15話

スヒョンの店で
「そうよ、私もあなたのことが好きよ。 告白されて嬉しかった。 でも・・・」 何も恐れることは無いと言うジンボムに私には子供がいるの、とスヒョン 「分かったんです。先輩の子供なら愛せると・・・。」「だけど・・・。」「信じてくれ、スヒョン。」 はっとするスヒョン、「チェ・ジンボム!」
d0107579_20221583.jpg
「はい、先輩。」 前から名前を呼んで見たかったと言うジンボムの言葉にクスッと笑うスヒョン 帰りのエレベーターの中、ジンボムはおずおず手を伸ばし、つなぐ手

ことの経過を聞いて驚くジンサン、ソクジン、チョルス。 「二人をくっつけてやったのは俺とヒソンンだぜ?」とジンサン  完璧主義の男が、離婚した子持ちの先輩かよ・・・しみじみ話しているところへジンボムが・・・。 祝福の言葉を浴びせられ、「別に、そんな・・。」

病院にはソクジンとジョンウンが母親の見舞いに行く。 母さんは二人の結婚を何より望んでいるんだという父。 顔を見合わせはにかむ二人
マンションで、ソクジンに嬉しそうに書類を見せる。「生涯契約書を作ったの・・。」 俺にも出番をくれよ、とソクジン サプライズを用意してたのに・・・。 海辺のペンションを予約したというソクジン 「もうお前を泣かせたりしない。」

More
[PR]

by ymmt4495 | 2007-06-30 00:14 | 恋するハイエナ | Comments(0)  

韓国ドラマ  恋するハイエナ 14話

「スヒョクはどこなのよっ?コイツ、殺してやる!」 興奮した女を制するチョルス、「やめてくださいよっ、ソクジン、どうなってるんだ?」 もみ合った後、このままじゃ済まないわよ、の言葉を残して靴音高く去る女  ソクジンに問うチョルス、「彼女何言ってるんだ?何とか言えよ。」「・・・・・・」うなだれるソクジン 
d0107579_18523698.jpg
 「お前・・・・まさか・・・おい、本当なのか?」 「・・・・・そうだ・・。」
駐車場に現れるジョンウン  
「まさか・・・ゲイだってことを隠すためにジョンウンを利用したのか?!」 それを聞いて走り寄る彼女、「私から話すわ・・。」 制するソクジン、「いいんだ。 ・・・・確かに初めはそうだったかもしれない・・でも・・・。」 「この野郎!」ソクジンを殴るチョルス  「やめて!私、知ってるの、知ってて一緒にいたの!」とジョンウン
「おい、お前ら、その話まじめに言ってるのか?え?何を言ってるのか分かってるのか?答えてみろよ~!」 肩で息をするチョルス、手を振り解いて去る。 何も言えず、切れた口を押さえるソクジン

漢江のほとりに座っているチョルス  ジョンウンが近づく。「凄くびっくりしたでしょ?・・・でもね、一番つらいのはソクジンさんなのよ・・ゲイだからって何よ。約束してくれたでしょ?何があっても彼の味方になってくれるって・・。」 「アメリカに急に帰るって言いだした理由がやっとわかった。おかしいって・・。」  「私は平気、ソクジンさんは私のことが好きなんだから・・・・・。」 「うまくいくもんか、ゲイが女とくっつくって? ばか言うなよ・・・。」「うまくいくわ、ソクジンさんだって努力してる・・・私最高に幸せなんだから・・・。何か悪い?」「やめとけよ・・・頼むからやめてくれ・・・。」 「口出さないで。 関係ないでしょ?」
「関係あるんだよ~・・・・・・。・・・俺だってお前が好きなんだ!。」「・・・・・・・・」目を見開くジョンウン 「俺だってお前が好きなのに・・・・関係ないって?」「・・・・・・」立ち上がるジョンウン、「何も聞かなかったから・・・。」涙がこぼれる彼女、「友達でしょ?・・・・帰る・・・・。」
d0107579_18535874.jpg

車を走らせるソクジン 漢江のほとりのチョルス  一人涙するジョンウン  それぞれが別々に物想う夜

More
[PR]

by ymmt4495 | 2007-06-21 20:14 | 恋するハイエナ | Comments(0)  

韓国ドラマ  恋するハイエナ 13話

ジョンウンを抱きしめたチョルス 自分の上着を脱ぎ、彼女の肩にかけてやる。 そこへやっと現れたソクジンが走り寄る。 「待たせたな、悪い。」「遅すぎるぞ、デンデン虫が凍死しちまう・・。」
選手交代、チョルスは後ろ手に手を振りながら去っていく。 ジョンウンの視線が追う。
「おい、チョルス、男らしくないぞ・・。」ひとりつぶやくチョルス。
 「そんな薄着のまま・・・。」ソクジンの言葉にドアの鍵がしまっていたと言うジョンウン  スヒョクをちゃんと送ったよ・・・チョルスはちゃんと帰ったのか?そうみたい・・・コートも着ないで・・・。
「帰るわけないだろ?」後ろから声が・・・チョルスだった。「メシくらいおごってもらわないとな。」
三人で夜の街ではしゃいで遊ぶのだった。
d0107579_18425794.jpg


ハンナとジンボムの緊張した会話 「システム問題が起きたのよ、私たち。 ・・・改善できるわ、必ず」 おまけに別れを決めるのは私よ、と告げられたジンボムのため息  帰りにスヒョンの店の前で路駐し、二人の女性に拒否された言葉を思い出す。  スヒョンは入ってきた従業員が一瞬ジンボムに見え苦笑するのだった。 車は発車

3人でのデートから帰宅したソクジンとジョンウン ベッドでピロートーク 「チョルスとはいつから友達なの?」 小学校からの付き合いで、昔、自分が川に服を流されてしまった時、一人裸じゃ可哀想だからと、チョルスも裸になり古タイヤで隠して二人帰った話を披露するソクジン 「そういうやつなんだ、優しくてあったかい・・。」「ホント、私もそう思う・・。」
d0107579_1844888.jpg


More
[PR]

by ymmt4495 | 2007-06-14 18:54 | 恋するハイエナ | Comments(0)  

韓国ドラマ  恋するハイエナ 12

ハンナに東洋医学の治療を受けるジンボム  隣のベッドのチョルスには針治療
「何かショックなことでも?」「いや、別にそんなことは・・。」「心気症と言うの。」 ジンサンから恋煩いと聞いたけど・・・。勘違いだというチョルス  頭に浮かぶのはソクジンとジョンウンのキスシーン

家でマジックを披露するソクジン 現れたのはマウンテンバイク  ジョンウンは大喜び
二人で練習に外に出ようとしていると、TVで俳優のチェ・スヒョクが行方不明になって二日目とのニュース   ジョンウンの後ろからTVをオフにするソクジン   
「知ってた?」「いいんだ、気にするな、行こう。」
d0107579_952683.jpg

熱々の練習ぶりの二人 清蹊川にあさって行こうと約束するのだった。 そこへいとこのヒスから電話  「CD要らない?」「CD?]「コンドーム」
CD専門店で遭遇するヒスとジンサン  「好みが合いますね。」 初対面なのに同じ人間の香りがして握手で別れる。
d0107579_95435100.jpg


TV局では女局長が皆を集める。「緊急事態よ。映像機器からテープまでごっそり盗られたわ。」
「この前スタジオをメチャメチャにした奴では?」 目をしばたき始めるチョルス

More
[PR]

by ymmt4495 | 2007-06-08 18:05 | 恋するハイエナ | Comments(0)  

韓国ドラマ  恋するハイエナ 11

オッパーの寝顔を見ながら、周りを嬉しさ一杯でピョンピョン跳ねるジョンウン 
d0107579_9323220.jpg
 彼を起こしてしまう。「もう邪魔しないから寝て。」とささやく。 気恥ずかしそうな二人の沈黙           「本当に自分勝手だな・・・つらい思いをさせてまで引き止めてさ。」とソクジン
「私、幸せ・・。ソクジンさんがゲイでも構わない。 だって私はあなたの‘一番’なんだもん。」
抱きしめるソクジン、「つらいけど待っていて欲しい。努力してみる・・。」

酒をあおっているチョルス。 ジンサンとスヒョン先輩が心配そうに止める。
「一生懸命、脳細胞を攻撃してるところだ・・忘れたいことがあってさ・・。」 何があったのか問う二人  ジンサンの予想は女 「誰なんだ?言ってみろ。」「絶対に・・言えない。」とチョルス 「言えない?つまり俺が知ってる女だな?それも局の・・放送作家・・。」 「向こうには相手がいるんだから放っといてくれ・・・。」とグラスをあけるチョルス  具体的な名前を聞かれ、つぶれたチョルス、「ジョンウンだよ・・・・ジョン・・。」と口にしてしまう。

局で顔を合わしたチョルスとジョンウン  「何書いてるんだ?」「ラブレターを渡すんだぁ~」とニッコニコの彼女 「やだ、酒臭い」と顔を近づける。 
d0107579_9335688.jpg
「馴れ馴れしいぞ。」と遠ざけるチョルス
突然出て行く彼に、「何よ、あれ?」と口を尖らせる。
機嫌の悪いジョンウンにジンサンが声をかける。 「ヒルがつっかかってきた。」という彼女に「やっぱりな・・・あいつの気持ちがわからないのか?恋わずらいで苦しんでるんだ。」 「やだ、片想い?」 「あいつの趣味も変わってるな。」「誰なの~教えて~」と食らいつくジョンウンに耳打ちをするジンサン

More
[PR]

by ymmt4495 | 2007-06-01 01:06 | 恋するハイエナ | Comments(0)  

韓国ドラマ  恋するハイエナ 10

物陰で、悲しい笑いのソクジン  帰りの車中でジョンウンとの思い出を辿る。

帰って社長と話すソクジン、「それってヤキモチね。仕方ないわね、ゲイだもの。」と社長
d0107579_2252629.jpg

「あいつなら安心だ。」とソクジン   親友と別れたばかりの女と付き合えないだろうと予測する社長に、ゲイだと告白すればうまく行くだろう、 二人のためならカミングアウトできる・・・・。
自分を大事にしなさい。あの子を愛しているのね。と社長。  「・・・・・愛ってなんだ?」とソクジン

スヒョンのために上司を殴ったジンボムに怒りのおさまらないハンナ 「あれは恋人である私を無視した行為だわ。スヒョン先輩のことで頭が一杯だったのね。・・・・・私たち別れましょう。」

何も反論せず帰宅したジンボムを待っていたのはスヒョン  ハンナが怒ってなかったか、職場での立場はどうなるかを心配する彼女。 
d0107579_2261954.jpg
「大丈夫ですよ。でもバーは辞めたら・・・?」というジンボムに、軽く見られるのはこういう商売だから仕方ない、でも自分のことは自分で考えるから、と言う彼女、「ひょっとして私のこと好き?」「・・・」「やだ、冗談よ。」

チョルスの母の店での閉店後、3人で食事しながら母が言う。「この子に気があるの?」「ソクジンの彼女だぜ。」「顔も見せない男なんて忘れな。」
「オッパ、元気かな?あんたはいいわね、彼に会えて・・・。男に生まれればよかった・・。」「顔を隠せば男に見えるぞ。」とジョンウンの顔をおおうチョルス  「元気出せ。」 砂浜での花火に連れ出すのだった。

More
[PR]

by ymmt4495 | 2007-05-25 01:02 | 恋するハイエナ | Comments(0)  

韓国ドラマ  恋するハイエナ 9

「俺が愛してたのはスヒョクだ・・・。」
「スヒョクの方? 嘘ついてまで私と別れたい?チョルスたちは知ってるの?」
友達を失くしたくなかったんだ、と言うソクジンに、帰って・・一人にして、とつぶやくジョンウンだった。 店で一人、オッパーとの毎日を思い出す彼女。 店の外から見つめるソクジン

ジンサンは「愛の罪人」のファンの集いに先生として呼ばれる。 期待して行くと、ハンドルネームとは似ても似つかぬ面々に早々に立ち去ろうとしていると、美しい女子大生のミナが現れ急に居座るジンサン。 方向が一緒ですね、と彼女を送り名刺を渡して心でガッツポーズ
d0107579_21533173.jpg


ジンボムの彼女のハンナは、初めてのTV出演を終えて彼を送ってき、外でばったりのスヒョンと彼をみて車中から鋭い視線
 同じフロアに帰るスヒョンと同じエレベーターのジンボム、あらぬ想像をして自分を戒める。 彼女の降り立ったあと、しばらく立ち尽くして見送るのだった。

一人屋台でかきこむチョルス。車を降りる間際の愛らしいジョンウンの姿を思い浮かべながら飲んでいると、打ちひしがれた様子の女が一人、目に入る、ジョンウンだった。「おいデンデン虫。」「ヒル」
放心状態で飲む彼女に黙ってちゃわからないだろ、ソクジンはどうした、あいつに嫌いだといわれたのか?と問うチョルス  泣き出すジョンウン
「手品を見せてくれなかったのか?レモンケーキも?」 うなずきながら泣くジョンウンを見て「おれがぶっとばしてやるからな。よし、俺が見せてやる。」
連れて行かれたのは大きな部屋・・暗い空間。 ぱっと明かりがつく。 「この部屋に何かが現れます!」 イスに座ったジョンウン、シャボン玉の嵐に驚き、次は雪が・・・・。
d0107579_21551914.jpg
 

泣き笑いしながら手を空間に差し出す彼女をまぶしく見るチョルスだった。
 漢江のほとりに停まった車一台。 一人の男が立っている。 シルクハットから鳩を取り出す。
「ジョンウン・・・誕生日、おめでとう・・・。」 ソクジンだった。
d0107579_21563359.jpg


More
[PR]

by ymmt4495 | 2007-05-18 19:17 | 恋するハイエナ | Comments(0)  

韓国ドラマ  恋するハイエナ 8

ジンサンは行いが悪くて、とうとう淋病を患ったようです。 医者からもたしなめられる彼

 スヒョン先輩の店を出た後、ハンナがジンボムに聞く。「あの先輩が好きなの?」「な、なぜ?」「女の直感よ。」  しどろもどろの彼、「まさか・・離婚歴のあるバーの店長が僕の相手になりますか?」  ところが、彼が忘れた荷物を渡しにきたスヒョンが後ろに・・・。

d0107579_14152947.jpg
 よりによって忘れたのは、彼女がくれたワイシャツ。 「安物だから・・・あなたに似合わないと思うわ。」と引き返す先輩。 失態をやらかしたという表情のジンボムを横目で眺めるハンナ

帰宅後ジンサンとチョルスに、これ聞こえるかな?とさっきの場面を実践してみせるジンボム。 いてもたってもいられず又店の前に現れる。 「何か用でも?」 先輩の問いにワイシャツをくれませんか?とお願いするが、彼が勧めた引越しもやめておくわ、と言われてしまうジンボムでした。

自宅でも機嫌の悪いジンボムに追い出されてしまうジンサンとチョルス 

ソクジンは、スヒョクの「こんなクソ女・・」という言葉や、ゲイの友人の「何も話してないの?」の言葉が頭でリフレインし、ジョンウンに何もかも話そうと決意するのでした。 昨日のことを謝るジョンウンに話始めるソクジン、「実は俺・・。」 ところがジンボムに追いだされたジンサンとチョルスが入って来、中断。 「今取り込んでるんだ。」の声に行き場のない二人、こうなったら独立か?と出て行く。チャンスを逃して頭を抱えるソクジン
d0107579_14164225.jpg


More
[PR]

by ymmt4495 | 2007-05-13 02:18 | 恋するハイエナ | Comments(0)  

韓国ドラマ  恋するハイエナ 7

「あんた誰よ?ヘンタイ野郎!出てけ」と騒ぐジョンウン 男はソクジンの元彼のスヒョクでした。
 「連絡もなしに何の用だ。」と厳しい表情のソクジン 殴ったことを謝るジョンウン どうやら自分がいては差しさわりがあると出て行きました。 「まさか同棲でもしてるのか?」「用件を言え。」
その後もスヒョクの言うことをことごとく否定して、帰ってくれないかと言うソクジンだった。
d0107579_18325219.jpg


チョルスはスヒョン先輩の店を訪ねていました。 抱き合う二人  「チョルス、本当にお久しぶりね?」「もっと早く来たかったのに事故っちゃって・・。」 そこへジョンウン、オッパーからもらった携帯を見せびらかしに来ました。

チョルスと車で出かけるジンサン、ソミはいない、お前は自由だ、車もある、本格的にハイエナ街道を進むんだ、とそそのかす。 見た目から改造だと店に連れ出しました。 そこへ逃げる引ったくりとぶつかり、犯人が落とした荷物を取り込みグラマーな外人美女二人から感謝されるチョルス。 ジンサン「よし、よくやった、チョルス」 4人で踊りに行きました。

家に帰ったジョンウン、ソクジンにお友達はもう帰ったの?と聞きましたが元気が無い様子に気づき、彼を写真に撮って笑わせるジョンウンでした。  後で彼の机の上にあるスヒョクの写真に気づきます。 彼の記事ばかり・・・何かを悟ったようです。

More
[PR]

by ymmt4495 | 2007-05-03 22:22 | 恋するハイエナ | Comments(0)