タグ:イ・ミンギ ( 11 ) タグの人気記事

 

韓国映画 浮気日和(바람 피기 좋은 날) A Good Day To Have an Affair     2007年

深夜のチャットで男と知り合った主婦が二人
一人はハンドルネーム、『小鳥』(ユン・ジンソ) 8才の女の子が一人 夫はいつも帰宅が遅い
『二匹のキツネ』と会う約束をした。
もう一人はハンドルネーム、『露』(キム・ヘス) 愛猫と夫との生活 
同じくネームは『大学生』、と会うことになった。

半年チャットした相手とは言え、恥ずかしくてたまらない小鳥
d0107579_283353.jpg

d0107579_291280.jpg


露は積極的 童貞だと告白する大学生を、大人の女の魅力で翻弄する
d0107579_210182.jpg

d0107579_2104072.jpg


小鳥はお酒を飲んで耳元でお話をされるのが大好き 二匹のキツネはコトに及ぶこと叶わず
d0107579_2112617.jpg

お預けを食らうばかり
d0107579_212393.jpg


露と大学生は毎度大はしゃぎ 
d0107579_2125080.jpg


奇遇にも二組のカップルは同じ時間帯の、それも隣の部屋
廊下でもすれ違うし、エレベーターも同じで顔見知りになった。
d0107579_2135169.jpg


 

More
[PR]

by ymmt4495 | 2011-07-23 02:57 | 韓国映画 | Comments(0)  

韓国映画 ロマンチックアイランド(로맨틱 아일랜드)   2008年



チェ・スジン(イ・スギョン)は使えないOL  意地悪な上司に叱られてばかり
家に帰れば家族に相手にされず、でも給料はあてにされ、ふてくされて初海外旅行に出た
d0107579_2531519.jpg


イ・ジョンファン(イ・ミンギ)は無職 採用面接ではドモって又失敗 彼女にも振られたばかり
d0107579_2545070.jpg

友人の誘いでフィリピンへ


青年実業家カン・ジェヒョク(イ・ソンギュン)は敵が多く、融通の利かない青年実業家
d0107579_2553059.jpg

幼い頃に別れた父がフィリピンで亡くなったと電話を受け、急遽向かった

牛乳屋の主人(イ・ムンシク)は、共に苦労した妻ヨンソク(イ・イルファ)をフィリピン旅行に誘った。
d0107579_2562768.jpg



過密スケジュールに嫌気もさしていたのに、上手く歌がレコーディングできなかったアイドルのガヨン(ユジン)は行き先も言わず突然消えた
d0107579_3144561.jpg


more 動画、感想は次のページに←クリック
[PR]

by ymmt4495 | 2010-09-25 02:18 | 韓国映画 | Comments(2)  

韓国映画 おいしいマン (오이시맨)    2008年


ヒョンソクはかつて少しは売れたミュージシャン
今や忘れ去られ、歌謡教室の講師
不運なことに聴覚異常をきたし、音感を失っていくことで絶望感にさいなまれていた。

向かった日本の紋別で、タバコの火を貸したことから一人の日本人女性めぐみと交流が始まる
d0107579_1513598.jpg


めぐみと祖母と切り盛りする古びた宿に泊まったヒョンソクは、あてもなく周辺を歩き回るだけ
d0107579_1522525.jpg



思い出すのは歌謡教室で出会ったファンだという女
d0107579_153421.jpg

過去、輝いていた頃の自分のファン
d0107579_1534480.jpg


More
[PR]

by ymmt4495 | 2010-08-01 15:14 | 韓国映画 | Comments(0)  

イ・ミンギ ファンミーティングに行って来ました・・・

   
NHKホールにやって来ました。 若い方が多いのかな?でも私より年上らしき方や、老齢のかたも見受けられました。
 ぎりぎりに二階席について、渡されたペンライトをぽきっと折ると、あら不思議・・・光り出しました。あんまりこういうことやったことないからね~
 まずは関空に到着したときの映像から 大勢が出迎えていたようです。 しかし、心斎橋?を歩いている様子や、洋服屋さんで選んでる様子、ラーメン屋さんで食べてる映像では「ええーーー」と小さな悲鳴があちこちから・・・。 私も声を挙げてましたかしら  道路を歩いてるところも・・・
街路樹が映りこんでましたから、あれは・・御堂筋?  結構無造作に歩いてるんですね~

 本人登場~  ギャーーーーという声はあがらず皆さんおしとやかだったかしら
ニット帽をかぶって赤いTシャツをのぞかせ上下を同系色のジャケット&スリムなパンツ
<これは東京でのファンミ(翌日)の写真ですね↓どこぞから拾ってきました。>
d0107579_2224099.jpg遠くから見てても華奢でしたね、彼
関西弁を駆使した挨拶から  結構日本語うまいです。 間違えるとえへへ、という笑いで笑いを?とってました。
 まずは通訳を交えて最近のことに関するインタビュー
プサン訛りらしき言葉が多かったようで、司会の方がその理由について聞かれてました。
4か月ほどそこで仕事をしたので、ちょっと癖になってるとのこと  今話題になっている商社マンの役をしているCMを流して、その撮影秘話 もし自分がサラリーマンだったら?という問いにはサボタージュする人になってるかも?と
で、上に可愛がられるタイプか、下に慕われるタイプか?との問いには上司であろうと部下であろうと仲良くしてると思う、と優等生発言を。
 ドラマいいかげんな興信所のあと何をしていたのかとの問いには、映画を3本ほど撮っていたそうです。 一本は日本の若手女優さん(名前を失念)と共演したそうで、北海道の紋別でロケをしたそうです。 そこの印象を聞かれ、空気が良くて空も綺麗で良かったそうですが、同じ田舎でも、韓国の田舎とちょっと雰囲気が違ってると感じたそうです。 また雪が多くて、雪かきをした雪が道路わきに家より高く積んであるのに驚いたとも  次に行く機会があれば春夏に行ってみたいとのこと
 またクリスマスに封切りされる(これは韓国で?日本で?)ロマンティックアイランドという映画で共演したイ・ソンギュン氏の印象や、ユジンの印象について
 ユジンヌナとはずっと親しく付き合って来て家族のような雰囲気で撮れた映画とも言ってましたね。

あと皆に配られるカレンダーのコンセプトについて、とか、役者として歌を歌う機会が与えられればやる、とも。 
持ち物検査もされてました。 黒っぽい財布一つ皆に公開です。
実は彼、鞄を持ち歩かないそうで、身分証とカードだけしかいつも持たなかったそうで、それを見かねた先輩が先月プレゼントしてくれたそうなんです。司会の方が中身を出していきましたが
57000円入っていて、沢山おもちと言われて本人ガッツポーズ 家のカードキーもありました。
色気の無い財布ですね。」と司会の女性にいい捨てられて苦笑いしてました。

とにかくミンギ氏って一貫してシャイな感じ  そこが可愛いんですよね~

会場からの質問コーナー
手を挙げた人の中からミンギ氏がカメラを構えて選んだ人から
「ずばり聞いちゃいます。恋をしていますか?」→「したい」そうです ということはしていない、ということ?
「めっちゃ大好きの最後のキスシーンは台本にあったのか」→無かった。 監督がカメラを置いといて好き勝手にしていいと言ったそうで。 ここでできなかったらいつできるんだろうと思ってキスしたそうです。 あそこのシーンは役名のナム・ボンギでなく、つい「ヤー、イ・ミンギ~!」と叫んでましたよね、ユジン氏
また、共演してみたい女優さんは? →どんな名前が挙がるか楽しみにしてたのですが、今まで先輩方と共演してきたので、できれば新しい方とやっていきたい。 かといって今までの人と共演したくないという意味ではない、とフォロー
今は男5人で動物のように暮らしてるそうです。 あとでそのメンバーを見れますとのことでしたが、・・・見れました。 

ここでいったん引っこんで、客席を司会者が回ってインタビュー ミンギ氏のどこが好き?

笑った顔が全部線になるところ
唾を飛ばしながらしゃべるところ
いつまでも少年のようなモデル体型← ここつっこまれてました。少年のような体型ですか心じゃないですか?とかなんとか

ステージ始まりました。
例の5人ってこの方たちね  ベスト柄のTシャツにスキニーなパンツ めちゃスリムです
激しいロックって言うの?シャウト系というのか、ビジュアル系というのか・・・・・
エレキを手に陶酔した歌    ほんっとに歌が、音楽が好きなんだな~という気がしました。
でも・・・・おばさんはついて行けない・・・。
というより・・・こういう人だったの??


あと皆さんと触れ合いたいとのことで、ミンギ氏が客席を回りますと司会の方の声にきょろきょろしてると、なんと最初に私に近いドアが開いて、ミンギ氏が人を数人携えて入ってきて驚いたわ
顔のちっちゃい細い少年のような男性がすいっと入って来たんだもの~ 現実のものと思えなかったわ~  巻いた長いマフラーが借り物みたいだし暑苦しそう 
悲しいことに通路から一番遠いところにいたので、手も届かず。 それにほんの一瞬で移動してしまったし・・・。で、順に彼が歩いて行くんだけど、ファンの手が伸びるけど、阻止される人、運よく触れる人

 その後、ミンギ氏とじゃんけんして勝った方だけが立ったままで最後3名になるまでやるというゲーム
彼の使用したものがもらえるとあって張り切って始めましたが、じゃんけんにめっぽう弱い私
やっぱり最初の一戦で座ることに・・・・Oh
見事に残ったかたは使用してるゲルマニウムのコップやロケで着用したポロシャツを渡されてました・・・コメントは、気絶しそうです・・・と皆言いながら握手は忘れていませんでしたね

あとは集団で写真撮影をステージ上で順番に
上の階の方から並んだ順番に数10人が彼を囲んで写真に納まるのだけど、そのまま退場しなければならないので荷物を持ってて足もとにそれを置いたまま、それもコートまで着て、という無様な姿で写ることに
前の回の方が撮影したあと、ミンギ氏の周囲のかたたちが握手をしてたので、近場ならいけるかしらんと期待してて、いざ自分の含まれた集団になって、彼から3人目(違いました。間に二人いらしたので彼から4人目だ)に座れたのでラッキー・・と楽しみにしてました。 そばにいるのにその人がいつもTVで見てるかたとは思えません。現実感がないのね~作りものみたい 人間心理としては、ファンミに来て、一緒に写真に近場で納まって、立ち上がった瞬間に握手を求めるのは当たり前ですよね。無意識にそれをしようと立ち上がった瞬間に係員の女性に激しいつっぱりを食らいまして、一瞬よろよろ
ま、俗に相撲で言う技ですね。 お見事でした~

触れないでください、決して彼に触れないでくださいの連呼と強烈なガードでちょっと引いたファンミ 

遠くから来ている方たちが多い中で、地下鉄一本で行けた恵まれた私でしたが、そういうわけで物悲しい感じで帰途につきましたね。
おみやげのカレンダー、それも前衛的な写真ばかりこんなんヤダ~~~ ほんとは凝ってなくていいいから、シンプルな彼の写真が欲しかったな~と贅沢なことを考えたり・・・・ 

ファンミに行くのはこれで二人目ですが、テヒョン君の場合は、いっときにしてもプロとして歌を歌ってたときもあったので、歌って踊ってのショー形式のものはやはりそれなりにのりのりでしたし心地良くうっとりした部分もあったのですよね。ファンも賑やかな激しい感じのかたが多かったでしたでしょうか? どちらかというと彼は親分タイプ 演技ではソフトな様子ですが、実は気性が強そう ミンギ氏は、役柄そのまま甘えん坊で繊細な感じに見えましたね。 で、歌は下手じゃない。 上手いほうです。 でも・・・・・役者としての彼のほうが魅力的に感じました。 彼のすべてを見たいとなれば、意外な面ではあるし・・・・・・・いやこっちの姿のほうが本当なのかも 

ま、彼の音楽活動をたとえれば、「韓国の織田裕二」と言った感じかな~

これはどうとでも取ってください

彼が「マタネッ」と流ちょうな日本語で最後の挨拶をしてましたが・・・・
ミンギ氏・・・・アジュモニは、これからは画面のこちらで応援していくね
素晴らしい演技を見せて頂戴ね~ あなたの演技が好き・・・・そんな感じ


帰る道すがら・・・・今日の木枯らしが寒かったぜ・・・
そんなファンミ   自分にとってはね
[PR]

by ymmt4495 | 2008-11-19 22:33 | 韓流その他 | Comments(4)  

韓国ドラマ  めっちゃ大好き! (진짜 진짜 좋아해)(全34話)

 主な登場人物が、見事に私の好きな俳優さんばかりだったという珍しいドラマ
とーぜん身の入れようが違いました。

ヨ・ボンスン(ユジン)は山の中でお祖母さんと二人暮らし 家畜とともに元気いっぱいに生きている素朴な女の子 或る時、山で倒れている男性チャン・ジュヌォン(リュ・ジン)を見つけ助けてやる  そこへ官邸で警護官をしているナム・ボンギ(イ・ミンギ)が上役の頼みでジュヌォンを迎えに来たことから出会う彼ら
d0107579_1402175.jpg

実は大統領の息子であるジュヌォン かれは身分を隠して外科医師として勤めており、患者が亡くなると逃亡する癖があるのだった。 そうと知らず失礼な態度をとりまくりのボンギ またボンスンとは犬猿の仲

d0107579_2245575.jpg

その後お祖母さんが亡くなる前に、自分の出生の秘密を明かされ、本当の両親を探しに山の家を引き払いソウルに行くボンスン
ところがスリに遭い全財産を失ってしまう。 途方に暮れていたところをたまたま出会ったおじさんと意気投合するが、なんと彼は天敵のようなナム・ボンギの父だった。ここで会ったが百年目の二人

d0107579_0301639.jpg

 まんまと泊まることに成功するボンスン

d0107579_0323348.jpg
 

 しかし、間借りしているイム部長らと食してしまった彼女の高価なツルニンジンの弁償として、継続してそこに住めることになったボンスンはボンギの部屋まで使うことに

d0107579_1422676.jpg

初めての都会暮らしでボンスンが何かと頼りにしたのは親切なジュヌォン しかし彼は認知症の妻ジスをかかえており、出口の見えないトンネルのような辛い日々を送っていたのだった。

d0107579_221397.jpg

官邸の食堂に就職の決まったボンスン  いつしかジュヌォンを男性として見るように・・
当初は妹のようにしか見えなかったが、彼女の明るさに癒されたジュヌォンはいつしか女性として愛してしまったことに気づく。

d0107579_21553322.jpg

妻も見捨てられないジュヌォンの苦しみ

d0107579_1431433.jpg

めんどりとボンスンを呼び、からかってばかりのボンギも彼女が女に見えてきていた。 だがボンギのことは全く眼中にないボンスン

d0107579_21575370.jpg

大統領の孫娘ヒョウォンの警護官を命ぜられたボンギ

  
d0107579_1442024.jpg

そこへ父親が現れ驚く。なんとドクちゃんことジュヌォンだった。 
「ご挨拶いたします。」

d0107579_1445460.jpg

そして、ボンスンにもジュヌォンが大統領の息子だと分かってしまう日がくる。

d0107579_1453690.jpg
 
またずっと探していた母親がある日見つかるのだが・・・。


---------------------------------------------------------------


ここからが長いドラマなんですが、面白かった・・・・。 素朴で温かくて、どきどきして
まるで昭和40年代のドラマを見ているようでした。 とても古い感じがして…たとえば酒井和歌子と川崎敬三が出てたドラマのような、あのころの香りのする、どこか懐かしいものでした。
強いて言えば、「性への畏れ」がまだある時代というのでしょうか・・・そういった恋愛を描いていたような気がします。 だからますます切ないし、ぎこちなさに胸が痛くなる。
今の日本には無いかって?・・・・・・・・・・

ありませんね

また周囲に出てくる人たちがいい。市井の人の面白さってのかしら 
d0107579_1481832.jpg



ジンギョン栄養士とカメラマンのヒョンド氏の打算溢れる?恋もほのぼのして笑えたし、




d0107579_1484171.jpg


ロボコップことジュヨプ警護官を追いかける食堂のおばさんの登場にも腹を抱えましたね。





 このドラマ、ヨ・ボンスンの成長物語かな? 強く優しい心を持ち、けなげに生きていたら最後に勝ち取ったのはアレですね。 めでたしめでたし。 彼女の歌うアリランも良かったですね。
あんなに切ない歌詞とは知らなかったです。出生の秘密も前半はあってどきどきさせてくれたけど、それは割愛しています。
 ただ、前もって知ってはいたけれど、ドラマ後半で出てきた反日的なセリフの数々・・・
楽しく見ていたのにやはりつらかったです。文化交流の場であれほど感情をむき出しにすることはあり得ないことだろうけど、それを日本人役に言わせてしまうシーン  なんだか心が冷え冷えしちゃって萎えました。 これも長年の歴史的な背景がそうさせていると理解しても、悲しくなるシーンでした。
 で、イ・ミンギ氏 野生の香りがして今まで見た彼の出演ドラマの中では最高に素敵でした。 リュ・ジンなんて男前の代表みたいなのに、ミンギ氏の前ではあのお顔がおちょぼ口に見えてきてかすんでしまったわ、 不思議
特に役柄がいい。 官邸警護官、つまり影。 口もなければ目もない、ただ分身のようにそばでお仕えしてお守りする、 命を賭した任務
しびれました~053.gif 黒ずくめのスーツ姿の凛々しいこと
つらかったシーンを差し引いても ええい 好みのドラマなんで特上入りです
(いいのか、とも思うけど)
こんなドラマ  ここ 

さ、さ、祭りに行きます。↓

ナム・ボンギ(イ・ミンギ 이 민기)祭りへようこそ←クリック❤
[PR]

by ymmt4495 | 2008-10-12 03:40 | 2008年 下半期視聴ドラマ | Comments(0)  

イ・ミンギの魅力って・・

なんだろうと考えてみたのですが・・・
不思議だ
なんでこんなに魅力があるのか?
第一、目つきはめちゃ悪いし、目を剥いたら怖いし
だらしない口元に、高い頬骨、
それに、こんにゃく声だし身体はうすっぺらい

ドラマを見てても95%はそう感じるんだけど・・・でも、でも
残り5%の恋愛シーンの切ない視線とうるんだ声が、それら欠点を凌駕してしまうんですね~
私が見るにおいてはですけど・・・・。 東京ラブストーリーの時のカンチみたく
まさにその時だけは超絶美男に見えてくるし、心にひしひしと伝わるものがある。
なんとも不思議な俳優さんですわ。 

なかなか進まない動画ですが、体験してみてください

d0107579_0553237.jpg

[PR]

by ymmt4495 | 2008-09-26 14:26 | お気に入り俳優 | Comments(7)  

韓国ドラマ いいかげんな興信所(얼렁뚱땅 흥신소)(全16話)

d0107579_3224067.jpg
非常に面白いドラマでした。(元気の出るテーマソング

黄金ビルの住人
ムヨル(イ・ミンギ)はテコンドー師範  減りゆく生徒に頭を悩ませている毎日
同じく住人であるヨンス(リュ・スンス)は貸しマンガ店を経営 まったく儲ける気のない店主
インチキ霊媒師のヒギョン(イェ・ジウォン)は、占い館アランシャの経営者
3人は、いつもつるんでは道端でアイスを食べながらお金の無いことを嘆いていたのだった。
d0107579_2585399.jpg

或る時3人が、元興信所の空き部屋にいるところに、猫を探して欲しいと依頼がくる。
報酬に目がくらんだ彼らは早速活動するのだが、猫を追いかけ入った地下室の壁から木の葉形の金塊と骸骨を見つけてしまう。
それがニュースで流れインタビューを受ける彼ら
d0107579_2592371.jpg

その後、ビルの屋上で倒れていた美しい女性ウンジェ(イ・ウンソン)を介抱するが彼女は大金持ちのお嬢様  その彼女から例の骸骨の身元を調べて欲しいと依頼される。実はウンジェは、幼いころの断片的な記憶と、見つかった骸骨とが何らかの関連があると睨んでいた。 また自分の閉所恐怖症が、どうしても思い出せない記憶の先に原因があると思っていたのだった。
d0107579_335522.jpg

壁の遺体はチョ・マンギという墓掘り人であることが分かり、もっと調べていくうちに、高宗王の隠した莫大な金額の黄金の存在を知った彼らは、偶然遺体とともにあった宝の地図の一枚を手にしたことから、3枚セットの残りの2枚を求めてウンジェも仲間に加わり、知恵を絞って奔走することになる。

d0107579_301425.jpg
d0107579_303986.jpg

宝探しの彼らの前に立ちふさがる、同じく地図を欲しがるヤクザの親分ペク・ヨンチョル(パク・ヒスン)との対決のなか、骨董屋の主人である老人と知り合うことによって見えてきた真実
つまり、この宝さがしが実は色々な人の過去を暴くことになっていくのだった。
d0107579_312638.jpg
d0107579_314311.jpg
(大人の魅力~)
果たして彼らは高宗王の残した黄金のカメを見つけることができたのか・・・


---------------------------------------


前半は笑えます。 小金に目がくらんだ霊媒師のお姉さまと、欲のない男二人の、小さな地雷を踏みまくりの会話や、3人の庶民臭や能天気ぶり  意味なく出てくる巡査や大家(いや、要所要所で必要な働きをしますけど) このユーモラスな感じをどう表現していいか・・。 3人の距離感がいいし、誰が脚本を書いたのか、セリフが日常会話そのもので、まるでアドリブかと思えるくらいの自然さ とにかく全くリキまないので凄く心地いい会話なんです。 これは本当に演技だろうか?・・・そんな感じ   たまに、吉本新喜劇風味の会話もあって笑えます。
 後半からは宝探しも本格的になってきてドキドキわくわく  また色んな過去が分かってきたり、温かい人情で泣けるところもある。 とにかく隅から隅まで手加減してないドラマで満足度が大きかったです。一話ずつ終了時に副題がついた余談もオシャレ?というか馬鹿馬鹿しさにくすくす

このドラマは・・少年探偵団の大人版って感じでしたか?
恋愛はほとんど描かれていなくて、今まで見たことのないタイプの韓国ドラマでしたね。

特によかったのはイェ・ジウォン
ジュリエットの男ではお堅い女社長役をやってましたが、ここでのはじけっぷりは凄い
きっぷのよさ、温かさも出てて、だてに年をとってないなと・・。
d0107579_343988.jpg

←このじっとり視線には爆笑 (見た方だけがおわかりでしょ)





どうしよう・・・特上にしようか 上の上にしようか
大きく感動したわけじゃないけれど、人を飽きさせない完璧に近い作りだったような気が・・
要は小さな小さな笑いを積み上げて行った結果かな? 一応、特上にしときます。(こういうジャンルも入れとかなきゃ・・新しい感じだから)(・・また変えるかも。大甘です)

--------
ヨンス役のリュ・スンスも見直しました。 気負わない感じがグー
ところが、ドラマを見終わったあとで調べたら、「ありがとうございます」に出てたって・・・
えええ~~~もしかしてあの診療所の医師? 気付かなかったわ、最後まで
ミンギ氏? カッコイイところを捨て去って演じてましたね。 コメディ体質ですな、彼って

d0107579_355913.jpg
りりしすぎるふかわりょうって感じ
[PR]

by ymmt4495 | 2008-09-24 03:10 | 2008年 下半期視聴ドラマ | Comments(8)  

イ・ミンギ・・・・ 이 민기・・・・

イ・ミンギが凄い
彼を見るのは三作目だけれど、ぼんやりと、ん?なにかこの人違うぞと~感じてた一作目頑張れクムスン<、そして二作目タルジャの春で彼はいい役者だと確信し、今三作目(めっちゃ大好き)を視聴途中ですが、来ました来ました。
大ヒット 
どこが良いかと言うと、このかた役柄が基本、ツンデレなんですよ。 そして、ツンツンしていながらも溜めに溜めた情熱の暴走~~を演じさせたら右に出るものがいないんじゃないかと・・・・。
今日はそんな場面で画面に目がくぎ付けになってしまいましたわ。 苦しい目の色をするんですよ、彼って ←(削除されてた映像をまた拾って来ましたのでどうぞ 10/13)
めっちゃ大好きの第19話で  とにかく上手いです。 抑えた演技なのに引き込まれます。  ここは私の中での名シーンになるかと・・・

d0107579_1581082.jpg

お前がイヤでイヤで・・変になりそうだ・・。だけど・・・他の男を好きなのはもっとイヤだ。
d0107579_15183428.jpg

d0107579_15215173.jpg

お前のせいで俺がムカついて・・・頭が割れそうで
d0107579_159453.jpg



男前だ・・・・

とーぜん好きな俳優の順位に変化が・・・。 イ・ミンギ氏堂々の一位です。
ドラマが終了してからでも良かったのですが、待ち切れません。
え?じゃテヒョンとエリックがいま同列一位だから、一位に三人も?・・・
う~ん・・・仕方ない。 テヒョン君を殿堂入りにするしかないか
で・・・・エリックは・・・・。やはりこの方の上手さやオーラよりもイ・ミンギを上にするわけにはいかないので・・・・同列一位か・・・。ケ セラ セラでの演技は表彰状モノでしたからね)

ドラマの記事は10月中旬にアップする予定です。
このときの長髪より短髪のほうが彼はいいですっ ・・・というか一年後にとったタルジャのときは顔がびみょーに変化? ・・・精悍さが良かったのにナ  いい持ち味が消えたような気がする

な・・・なんて勿体ないことをするんだ・・・


このキスシーンって何度見ても笑えますよね
[PR]

by ymmt4495 | 2008-08-20 02:43 | 韓流その他 | Comments(2)  

韓国ドラマ  タルジャの春(달자의 봄)

見ました。 いいドラマでした~

33歳、オ・タルジャはホームショッピングの会社に入社して8年 今やキャリアを積んでいるが入りたての頃ははドジばかり  夢は数年で寿退社、のはずだった。
しかし現実はうまくいかず、キャリアウーマンになると言ってた先輩がさっさと結婚 自分は・・・運命の恋を夢見たまま
d0107579_18342984.jpg

誰かに甘えたい・・
そんなある日、同僚のセドに優しくされ、舞い上がったタルジャは彼を食事に誘う
d0107579_18354069.jpg

ところが彼は有名なプレイボーイ 男のサインを見逃すばかりのうぶなタルジャに数回のデートで見切りをつけ、会社の大人な女性、チャ・ソンジュに鞍替えしたもよう 
意気消沈して歩いていると、人に追われた若い男とぶつかり携帯の画面が割れる。 怒り心頭で追いかけるタルジャ  が、路地裏で口をふさがれる。 
「静かにしろ。」
d0107579_18371377.jpg

死の恐怖を味わったタルジャ だが思いのほか優しかったその男に名刺を渡される。 「恋人代行会社アルバイト カン・テボン」 6才年下の27才
d0107579_183851.jpg


死にそうだったので悔いを残したくないと、、セドと今夜は一緒に、と覚悟を決めて向かった先で、二人が一緒にいるのを見たタルジャ  思わず恋人代行のカン・テボンに電話してしまう。
d0107579_18383848.jpg

にこやかに彼を迎えて思いきり見せつけたあと、実はホテルの部屋で泣きながらやけ酒のタルジャ  
d0107579_18392368.jpg
「復讐してやる~」  もう一度振り向かせ、そのあと振ってやりたい・・・自分のプライドを守るため

自分は覚えていない約束で会社にまで来たテボンを、一か月だけ300万ウォンでニセの恋人として雇うことに。 一日3時間だけの恋人
d0107579_21534771.jpg

忘年会にも年下の彼として参加するテボンにまんざらでもない様子のタルジャ
d0107579_948636.jpg

法律事務所にいたと、うまい嘘をつくテボンに内心あきれながら、今は実はプータローであることも皆に知られピクつく頬

しかし、復讐するはずだったセドや、気に食わない奴と思っていたソンジュとあることから妙な友情が芽生えたタルジャは復讐をやめ、ニセの恋愛はもうしないとテボンに告げる
「今だからこそ僕が必要なんだ。 恋愛の練習をしなくちゃ。」
そこで再び人に追われる二人が逃げ込んだ路地で、あまりの密着度になぜかどぎまぎするタルジャ
ゴクリ・・
d0107579_17192757.jpg

「正直に言えよ、何を想像した?」「何言ってるの、カンベンして。」「想像だけじゃなく実践してみる? キス一回くらいならタダでサービスするけど。」「いいって言ってるでしょ、しつこいわね。」「本当にキスする気ない?」「ふざけないでよ。」と、もみ合う二人
と、声をかけた一人の男 「そこで何してるんだ。」
絶妙なタイミングで、完璧な姿で・・。   目がハートになるタルジャ  「運命の男・・」

d0107579_18401498.jpg
 

続きのほうが面白い←クリック
[PR]

by ymmt4495 | 2008-05-13 18:48 | 2008年 上半期視聴ドラマ | Comments(7)  

韓国ドラマ  頑張れ、クムスン

あらすじ
両親もいず、おばあちゃんと叔母さん夫妻に育ててもらったクムスンの夢は美容師になること。 しかし20歳で、下宿している大学生のジョンワンと恋をし、妊娠
すったもんだのあげく結婚したが、たった3日で大学生の夫は事故死してしまう。
途方に暮れるクムスン  行き所無く、婚家で邪魔扱いされながらも息子のフィソンを育てていく。 その後出会う外科医のジェヒとの恋、死んだと思っていた母親の出現、そして様々なことを経て成長していく姿を描いていく。

今回はあらすじを簡単に追っただけ。 久々に男優さんにクラクラッ・・・
今まで死体役と端役でしか見た事のなかったカン・ジファンの笑顔にズギューン
たま~に日本の誠意大将軍(これ分かるかしら?)に見えてしまうこともあったけど(あの方は苦手ですけど・・)今回は、美しいものは美しいと認めざるを得なかったですわ。(注:あくまで好みですから。 目が切れ長で笑いジワができ、口角の上がったタイプにめっぽう弱いワタクシ
当然ジファン氏メインで行っちゃいます

まずは好きなショット
d0107579_15182056.jpg

d0107579_027131.jpg
ジェヒに撃沈シーン  ↑
d0107579_15492548.jpg
お給料を3ヶ月ぶん前借りしに行った院長宅で、大根葉のククスをクムスンが作るところがなんか好きだわ~ オトコの「心より、胃の腑を摑め」って言うものね~(いえ、心も大事ですが

お気に入りシーンの数々←ここをクリック
[PR]

by ymmt4495 | 2007-09-15 15:15 | 2007年 下半期視聴ドラマ | Comments(2)