韓国ドラマ 僕の妻はスーパーウーマン(내조의 여왕)(全20話)

これ、原題は「内助の女王」って言うんですよね。面白かったかと問われればとても面白かった… ファンタスティックカップルに登場した花束女もますます異様な姿で出て盛り上げて?ました。 でも…


チョン・ジエは女子高の女王だった。 エリートの科学高校との合コンで、パシリのブス ボンスンの好きな男を横取り
d0107579_229392.jpg

しかし結婚したのは別の男  ジエに未練のある元彼ジュンヒョクを、ずっと思い続ける冴えないボンスン


d0107579_21454324.jpg

それから7年 
女の子一人をもうけたが、ソウル大医学部中退の夫 オン・ダルスは意欲も計画も職もない男
ジエがアルバイトをつないで養うという、女王が今や惨めなくらし
ある日一流会社クイーンズ・フードの臨時社員の募集に色めくジエ  人事の口利きはすべて奥様と知り、社員の住居クイーンズパレスに出入りし、キム理事夫人に意図的に近づいていく。
d0107579_23335428.jpg



クイーンス・フードの社長夫妻は政略結婚 心も体も妻に反応しない夫は女を渡り歩いていた。
好きな女と結婚させなかった復讐に、離婚しないと言い放つ。妻の動向に一切興味なし
とうとう浮気すると宣言した妻のソヒョン
d0107579_23343216.jpg



そんな時、好きだった大学の先輩ダルスとばったり会うソヒョン。
d0107579_2147754.jpg



ハン部長夫人のもとへ挨拶に訪れたジエ 出てきた妻はなんと同級生のボンスン 夫は昔の彼ハン・ジュンヒョク
d0107579_2148348.jpg



実は過去、ボンスンの策略で二人は引き離されたのだった。 その事実を知らない二人
内助は完璧のボンスン だが夫の心はかなたへ向いており、冷え冷えとした家庭生活だった。
d0107579_21492569.jpg



昔と立場が逆転したジエをこき使うボンスン

ある日、地下駐車場で車をぶつけられたジエ テボンと名乗る無職風の男に慰謝料をふっかける
実はクイーンズフードの社長ホ・テジュンだった。
d0107579_2150514.jpg
 





面白い反応をするオバサンに口元がほころんでしまうテジュン
それ以降、借金とりと詐欺師としての交流が始まった。
d0107579_2152424.jpg



ハン・ジュンヒョク部長は、実力で3カ月の臨時採用を勝ち取ったジエの夫ダルスを見ると、なぜかむかついて堪らない。
ついいじめてしまう

めげる夫を奮い立たせるジエ 「生まれ変わろう、私たち」
d0107579_2151490.jpg



ジエを嫌い続けるボンスンは、悪縁をよみがえらせた彼女に復讐することを密かに誓っていた。

大学の後輩ソヒョンと話す機会の増えたダルス  飲みすぎて、彼女のギャラリーでうっかり寝てしまった。
夫には愛情も憎しみもないというソヒョン
d0107579_20423474.jpg



なんとか取り入ろうと、キム理事夫人にニセモノのバッグをプレゼントしたことがばれたジエは干されてしまった  頼みの綱のボンスンになんでもすると誓う
夫が生き残る道は次のプレゼンに成功すること

女遊びをするか、会社ではゲームばかりの社長を、次期社長の座を狙うキム理事夫妻が密かに動向を探っていた。
d0107579_22454384.jpg



偶然、ジエの夫がクイーンズに入ったことを知ったテボン(テジュン)は、アンケートを手伝ってやったりと協力的

夫婦で試食会を開き、必死で頑張った末のプレゼンは成功 ところが女が食中毒になったと怒鳴りこんできたため、責任を問われたダルス  妻の努力も夫の頑張りも密かに見ていた社長であった。
d0107579_22475357.jpg



その事件に妻のボンスンがからんでいたと感づいた夫が、最後までしらを切るように言う

再び無職になったダルスは運転代行
ソヒョンが客になった。
d0107579_21595314.jpg

妻に初めて嘘をついてしまったダルス


怒鳴りこんだ女に、ダルスと入社を争ったコンの夫人やハン部長夫人が関与していると気付いたキム理事夫妻は、自分たち火の粉が飛ぶのを恐れ、ダルスを復帰させた。

夫が復職出来たと知らず、家賃のために結婚指輪を売ろうとしたジエの姿を見たテジュンは、指輪をこっそり買い戻す
ジエの手の中に押し込むテボン
d0107579_21581745.jpg

ストーカー?


社長の妻ソヒョンが、ダルスの妻のジエとも交流を持ち始めた。 最高のコネに喜ぶ単純なジエ
夫に近づく女と知らず

ジエが強力なコネを手に入れたことを知ったボンスンやキム理事夫人は面白くない


ある日、ボンスンの日記をみてしまったジュンヒョク 妻によって過去、ジエと引き裂かれたことを知りショックを受ける

ジエの家に同僚が集まった、 無礼講タイムにジュンヒョクを侮辱し、ボンスンに殴られるジエ だがボンスンは自分たち夫婦に亀裂が入ってしまったことに気づくのだった。

キム理事がハン部長(ジュンヒョク)を巻き込む。 表面上は全力を注ぎながらプロジェクトを失敗させようと仕組む。 そうすれば社長に不満を持つ株主が決起する。

そうと知らず、社運をかけて身体にいい新調味料の開発に燃えるダルスやハ代理やヤン課長のチームであった。

夫の母である会長夫人から子供が出来ないことをなじられたソヒョン 寝室も別であることを先輩に告白する
奥さんが羨ましい…
d0107579_2204264.jpg



エレベーターで抱き合う二人を目撃してしまったボンスンは、監視カメラ映像を手にいれ、キム理事夫人に見せる。 夫のジエに対する未練も面白くなかったのだが、夫婦仲が最高だとひけらかしたジエの転落は近いかもしれないことに、密かな喜びを感じる

どんどん近づくソヒョン 「離婚したら受け入れてくれる?」
気持ちが揺れてしまいそうで…もう会うのをやめよう 戸惑うダルスだった。

映像をみた周辺の皆がダルスの心の揺れを知っているのに、全く気付かない当の本人のジエ
調味料の原料のために現地に同行し、徹夜で手伝う

社長夫妻が離婚すると、社長の持ち株が減るためキム理事にとっては好都合であった。
顔も知らなかった実母が亡くなった報を受け、ショックなソヒョンを病院に運んだのはダルス

自分が留守の自宅で、男に迫る妻を見てしまう社長  またその相手がオバサンの夫、ダルスだと気付いた
d0107579_2271354.jpg



会長夫人に離婚宣言までするソヒョン 力不足です 彼の心をつかめませんで
強気の妻に呆然とする夫
d0107579_054440.jpg


ソヒョンの夫である社長と会うチャンスがジエにやってくる
レストランにいるジエを見て慌てるテボン 車をぶつけまんまと逃げる
初月給からお金を返済してもらう約束だったテボンがジエを呼び出した。
屋上で、心から楽しそうに話す夫とジエを目撃する妻

夫ジュンヒョクが削除してしまったため、ジエに夫の浮気の証拠を見せられなかったボンスンのいらだち

ソヒョンの実の母の死後、湖畔に同伴し、彼女の寂しさに付き添ってやる優しいダルス
d0107579_22264525.jpg
 


ソヒョンの尊大な態度に腹を立てたキム理事夫人が、ソヒョンの義母である会長夫人に例のエレベーターの映像を渡してしまう。 しかし、社長夫妻を監視していると気付かれただけでも大損害だ、と妻に激怒する夫キム理事

夫の頑張りに差し入れをしに会社に現れたジエをテボンが連れ出す  テボンさんがなぜここに?
もしかして私が好き?
d0107579_22253783.jpg



プロジェクトが成功すると、手柄を社長が一人占めすることになる。その上、今回の嫁の不倫騒動の相手を知った会長夫人から手が及び、ダルスが自宅待機になった。 だがそれを社長が覆した。 それを知った理事がハン部長と企み、彼を追い出す工作に走りだした。 「表面上は全力を注ぎながらプロジェクトを失敗させろ。」

d0107579_22425097.jpg


ジエとダルスの夫婦に大きなピンチが…
そして、いつも助けてくれる無職の男テボンが、クイーンズフードの社長であることをいつジエは知るのか



----------------------------------------------------------------------------------------------


とても面白い作りなのに、あんまり面白くなかったわ どうしてだろ~?
このドラマの主役のオ・ジホ氏より、チェ・チョロ氏が際立って良かった~
字幕にチェ・チョルホとあって、「あの青い草原の上で」に出てた、ワタクシがかっこいひっと空気抜けで言ってたチェ・チョロ氏に似てるわ、 名前まで似てる~と思ってたら、本人じゃないの!(正しい読み方はチョロね)
当時よりずいぶん身体を絞ってあって、「太陽の誘惑」の時の、気のいい素朴な花屋のお兄ちゃん役の時代に体型が戻ってました。
相変わらず善良で硬派な声が良いわっ。 コメディー場面は大笑い 新境地を開拓しましたよね~



d0107579_22513154.jpg
合コン場面は何度みても笑えちゃう









d0107579_22531492.jpg
目力ありますって








d0107579_22541338.jpg
この俳優さんも好き 
ガタイが良い男前なんだけど、狡猾そうでユニークな男をいつもやりますよね
「I love ヒョンジョン」 で御曹司と知らずぼかぼか殴ってた人です。






今回熱くて甘~い歌も披露してくれたユン・サンヒョン氏  歌はここ(すぐ削除されますのでご注意)  どっかで見たぞ… そうそう「パパ3人ママ一人」の、すぐ死ぬ夫だったよ。 イメージが違って驚きだ~ ちょびヒゲがちょい悪オヤジ風で、オバサンにときめく胡散臭い男がぴったりでしたね
口元がさわやかそうで、なのに人を小馬鹿にした感じに生まれつきましたよね  →   ここ ←  一応誉めてるんですよ。だからこの役が出来たわけ
でも、なぜに唐突に歌を? アジュンマを励ますシーンだけど、ワタクシなら要らないわ~ あんな熱い目で熱唱されてもね~  いえ、ここは浸るところですけどね。 要は宣伝だな
主役のおばさん?キム・ナムジュ 初めてでしたが、美しい女優さんですよね。 ただね、あのだらしない喋り方がどうも受け付けないの~ ほんとにオバサン風味で、演技とわかってても下品そうでね~ ま、そんな役なんだけど
当初は明るい不幸に耐えてるけなげな妻でしたが、途中から暗い不幸に変わってくるのよ~このドラマ
そんなオバサンに恋してしまうのが寂しい既婚者のテジュン


アジュンマ…
d0107579_2362534.jpg
 

そうだな…結婚指輪を売リ払った後、テボンが駆け寄って来て買い戻した指輪を強引に握らせるシーンは良かったな~ ロマンチックだった~

…私も売ろかな…
誰も駆け寄って来ないか…


さて実はボンスンとジュンヒョクのカップルの方がうるうるジーンとくる場面があって、イ・ヘヨンの持ち味全開でした。演技派ですよね、あの方  お顔に癖があるけどいつもかっこいい女だわ  今回ダサい高校時代には歯の矯正器具まで着けて熱演してました。

そうそう、ジエが遊び人風のテボンに既婚者に見えないと言うシーン。
「その目には責任が見えないの。」 結婚してる男とは…云々と説明するところ、そうそうと頷いてしまったので書きとめてしまったわ。
「結婚した男の目は、世間の荒波で曇ってるの。 家族への責任感、生きることへの切迫感、それが見えるの…。」 それを聞いたテボン(社長ホ・テジュン)がその後ちょっと変わってきましたよね。 恋の力は大きい。

とにかくこのドラマ、愛を追い求める人たちばかり 当初お金が欲しかったのに、ふたを開けてみれば大事なのはお互いの信頼関係というか愛だと気づく。ま、どっちが無くても・・・・悲惨ですけどね。

歌は思い出しますね ここ や ここ や ここ 聴いてみてください
音楽は違うけど動画はここ とか ここ

さて、細かいところで大いに笑えるシーンが多いし、粋なところも切ないところもちゃんと用意してあって、
なのにおわってみれば
並の上

----------------
内容がまとめにくいドラマでした。 おかげでくわいを焦がす寸前だったし
[PR]

by ymmt4495 | 2009-12-31 17:07 | 2009年 下半期視聴ドラマ | Comments(0)  

<< 1/12 授業 韓国映画  ナンパの定石(작업... >>