初めての歌舞伎鑑賞です


上本町の新歌舞伎座の杮落とし興行のチケットを二枚貰ったので、行くしかないだろ~と半休を取った連れ合いと初歌舞伎  恥ずかしながらこの年で二人とも初めてでした。 (もし貰わなかったら一生行けなかったかも)

まずはお弁当とお茶を買って、(驚いたのが下のレストランの予約までとってるのね~短い休憩時間に食べに降りる人もいるんですね)

何も知らず入ったので、突然あでやかな舞が始まって『太閤三番そう』(字を出せません)って何?というド素人ぶりな我ら 女形さん美しいけど、大きいですよね やっぱり男性です。でも良くわかんない~

d0107579_0321749.jpgだから休憩に慌ててパンフレットを買いました。2000円なり








ほほ~う このあと口上があるのね
出演者の方々はユーモアたっぷりで会場を沸かせてました。 まあ声が通る通る
ずずずいーーーっと というフレーズを聴けて嬉しかったわ









次は『連獅子』   イヤホンを買わなかったので、というかそれを買うとどう理解を助けるか分からなかったので買わず。 いいのか?
古い言葉を謡曲?にのせてあの口調で三味線と鼓をバックでしょう よく分からない でもあでやか、勇壮だし楽しんだわ

最後は 『黒塚』
お話は実は鬼の老女のお話でした。 これがね~引き込まれた。 特に幽玄な舞い
日舞でもたしなんでたらもっと分かるんでしょうが、とにかく素人目にもあの素晴らしさは分かります。
まさに老女の足さばき だけどあんなふうに舞うには足腰の強さが並じゃないでしょう
夜中に童心に戻って舞うシーンはもうね・・・・
鍛錬のたまものですよね  市川右近さん

演目も良く分からない、だけど目で見、身体で感じたザ・歌舞伎でした。拍子木の音と板を蹴る足音とかね、生でしょ?
休憩を何度か入れて 4時間・・・・・は ちょっと長く感じたな~ 4時~8時までだから
舞台の上の三味線などの十数人も男 演じる人も皆男 男の世界だ~歌舞伎って
で、お客さんは着飾った人が、それも女性の数が多い。 綺麗どころもちらほら

ま、こうやってとりたてて言うことでもなかったですね・・・・・・

また行くかも知れない
いや次は狂言とかにしよっかな

夫は歌舞伎が気に入って、またいずれ行くと申しています まあ映画だってミュージカル系が好みだからね… 血が騒ぐってことかしらん

d0107579_0305119.jpg





お弁当
おいしかったわ 薄味だけどしっかりお味がついてました。(パラフィン紙をつけたまま撮影しちまいました) もし次に行くことがあったら下のレストラン予約ってのをしてみよう

そうだ、幕間に売りに来るものがアイス最中  球場で言うビール? おいしそうでした








翌日午前からハングルの授業があったけどよれよれでした 16~ 20時はほんと体力要る
---------------




しかし芸術にご縁の薄い我が家だ

そういえば、息子が高校時代、今日は社会見学でブンガクに行くって言ってたな~

え?ブンガク????

なんか文豪の記念館でも行くのかと思ってたら、



文楽のことだった。





とほほ   ←最近こういう言い方するんでしょうか
そんな息子も今は大学生・・・・・
[PR]

by ymmt4495 | 2010-09-14 00:43 | プチおでかけ | Comments(0)  

<< 韓国ドラマ  男の物語(남자 ... 韓国映画  過速スキャンダル(... >>