韓国ドラマ  ホジュン

                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ホジュン BOX
チョン・グァンリョル / / 松竹
スコア選択: ★★★★★


史劇は敬遠してました。 ところが、面白かったです~
ラブストーリーじゃなきゃ韓ドラにあらず、思っていたのだけど、その考えを改めさせられました。 64話もあっという間!

ある時代に、朝鮮一の御医になったホジュンという実在の人物のお話です。
彼は県鑑(県知事)の息子として生まれたが、母親が卑しい生まれのため、周りから蔑まれ、勉学も道半ばにしてあきらめる。 そののちは荒れた生活をして密貿易に手を染めて暮らしていたが、のちに逃れた先で出会ったユ・ウィテという医者を師として医学の道を志した物語。

最初の頃は、ホジュンってお金を盗られたり、逃れた先で貧乏くらしして、医院の下働きをすれば周りからひどいいじめを受けたりで良い事無しなのね。 でもそれは、自分より下と思っていたホジュンが教養があり、男気があり、人が3年かかるところを2ヶ月くらいでクリアしたりするので要は嫉妬??  狂ったように陰で勉学に励むホジュンだが、ウィテの息子ドジは何も知らないで科挙の試験に彼を荷物持ちとして同行させるのね。 その宿で漢文の素養のあることに気づき、自分の知らない漢詩をそらんじたりするホジュンに驚異を感じ、ライバル視するようになるわけ おまけにいつのまにやら医術に関しても自分より上かも?と認識したり、自分の愛するイェジン様の心がホジュンにあることに気づいて、ますます彼に対する態度を硬化させます。

ウィテの家にいる医女イェジン様はホジュンのかなりの教養度に早くから気づき、また医学への熱意を感じて陰ながら手を貸します。 そうしているうちに尊敬からに変わります。

このイェジン様がいい! 彼女なくしてはこのドラマを語れないくらい。 しとやかで芯が強くて、秘めた愛を目力に込めます

さてホジュンを追っかけてきた両班(ヤンパン)の娘ダヒは貴族の地位まで捨てて愛を貫きますが、イェジン様はどうなる!?

のちは、ホジュンがどうやって御医まで登りつめるか・・・ドキドキはらはらの連続に耐えられるかが勝負です。 男の野望あり、秘めた愛あり

あ~ほんっと面白かった。 日本のドラマの何倍も面白かったのは確かですわ。

評価: 特上入りでしょう?!
[PR]

by ymmt4495 | 2007-02-28 04:03 | 2007年 上半期視聴ドラマ | Comments(0)  

<< 韓国ドラマ   ぶどう畑のあの男 韓国ドラマ  ラストダンスは私... >>