あの青い草原の上で(저 푸른 초원위에) ①~⑮あたり


しょっぱなから、「誰やぁ~、このおっさんはぁ~?!しゅ、主役ですか・・・」 絶句・・・ 
主人公チャ・テウンに扮するチェ・スジョンを見ての感想。
d0107579_14542736.jpg


要は長編ホームドラマよね、と軽い気持ちで見始めた。 人間関係も複雑で、すぐには飲み込めない。 つまり、男きょうだいの一人が、バス会社を経営するお金持ちに婿に行って、そこの奥さんと一人娘が医者。 
d0107579_14524736.jpg
奥さんの父親と、独身の妹と同居ね。 

d0107579_14554577.jpg
で、もう一つのお家は、まだ独身の,不動産業をやっている弟と、お兄さん一家(娘ひとり)が住んでいるのだけど、そこの店子に貧しいテウン一家が住んでいるわけだ。

d0107579_14575296.jpg
 彼んちにはチンピラの弟と優等生の妹がいて、過去に彼らを捨てた母親がある日、小さい弟を連れて帰るのね。
d0107579_14594971.jpg


d0107579_151093.jpg



テウンは車のセールスマンをしながら家族を支えているのだが、情に厚く親切で、下層と言われる人たちにも受けが良い。 ある時デパートの男子トイレで小児科医ヨノと遭遇するが、その時の印象はお互いにひどいもので、テウンが携帯を拾って持っていってやるもヨノは礼を失した態度をとる。 ところがその後、偶然が重なり一緒に行動することがあり、お互いの印象を変えていく。
d0107579_14512975.jpg

しかーし、ヨノには婚約者が・・・・。
d0107579_153255.jpg
彼はたまたまテウンの会社の室長。 家柄も申し分ないし、親も気に入っており、ヨノ自身も今まで親の決めたレールから外れたことがない人生を送ってきていた。

この頃がいい! 偶然が重なってテウンとヨノが会うと、彼女は「アジョッシ(おじさん)」と呼ぶわ彼はわがままなヨノをたしなめることが多いわ傍目には仲が悪そうなんだけど、テウンに片想いしているヨノの叔母はなんとなく二人の本心を察していくのだね。
d0107579_1515748.jpg

また、ヨノもテウンの態度から彼が自分を愛し始めたことに気づき、自分もまた彼を愛し始めたことに気づくのだった。

この辺で前言を取り消します。 チェ・スジョン氏、凄いです ただ、すっくと立っているだけで悲哀が漂い、苦悩の表情などは絶品です。婚約者のいるヨノを愛してしまった苦しみようが痛々しいくらい・・・・。 上手い、上手すぎる・・・・。 だ、大好きだぁ~~

既に8話あたりで(先が長いというのに)オープニングテーマが流れるだけでパブロフの犬のように唾液が、いえ涙がぼろぼろです。 ヨノ役のチェリムの持ち味である、のんきで世間知らずで、どこか抜けててっていうところが十分に発揮できており、脇役の方たちも芸達者です。

テウンたちの母親とヨノ母が同郷の幼馴染で犬猿の仲であることが問題をこじらせそうだし、お父さんの過去の秘密もあとあとの伏線になりそうです。

いやいや、このドラマ、凄いですわ。 
つづく
[PR]

by ymmt4495 | 2007-03-05 22:47 | あの青い草原の上で | Comments(0)  

<< 韓国ドラマ  ファンタスティッ... 韓国ドラマ  バリでの出来事 >>