韓国ドラマ  18・29 ~妻が突然18歳!?~ 第16話(最終回)

  「ここはどこ?病院?」「事故に遭ったんだ、でも異常はないから退院してもいいそうだ。」
起きかけるへチャン 「今日はアイリスの制作発表ね。」「何?」「ちょうどいいわ、裁判所に行きましょう。」「へチャン・・。」
記憶は戻ったが、最近の記憶が消えてます、と医師が言う。 「私が記憶喪失だった?ふざけてるの?」 自分が18歳だったと信じないへチャン。 かわいくて元気があって大好きだった、どんなに尽くしたか・・とサンヨン  事故当時に戻ったへチャン 「仕事はしてないの?」「私を車に乗せるなんて珍しい。撮影は?」と冷たい口調  「忙しくてもお姫様をお迎えしなきゃ。」とサンヨンが言えば「どこか具合が悪いの?」
 ところが目の前を人が走って横切ると、パジャマ姿で逃げた自分の姿が一瞬脳裏に浮かぶ。
車の中では自分の作ったお守りをジヨンが作ったものと思うわ、裁判所の方向じゃない、一日も早く家を出たいわの言ってんばり 「へウォンの結婚式まで我慢してくれ。」「へウォンが結婚を?」 家から電話するへチャン 「身内同士で結婚なんて・・。」  「とにかく休め、今までのことを思い出すまで離婚なんかしないぞ。」と出て行くサンヨン
 部屋にある自分のまとめた荷物を見るへチャン 自分のノートを読んで呆然とするへチャン 
ところが少しずつ思い出す光景 ヌンのこと・・・妊娠のこと・・いろんなことがフラッシュバック
「どういうこと?」




車中からへウォンに電話するサンヨン 「最近の記憶がない?義兄さんも運がないわね。」 慌てて出てきたから食事の用意をしてやってくれと頼むサンヨ
 家でのへチャン サンヨンのBefore/After の態度まで思い出す。座ったままのサンヨンが、掃除する、冷たかったサンヨンが自分に接近する。「どうしよう・・・知らん顔するのが一番だわ。」

マネージャーと話すサンヨン 映画をやめ、しばらく休むこと。へチャンが流産した時罪の意識を感じたこと。 また演劇をやること。 舞台に立ってみると元の場所に戻った気分だと言うサンヨン 
家に来るボンギュとへウォン 「記憶を失う前は反対されてたから、結婚すると知ったら大騒ぎするわ。」 料理を作ってやる二人 「昨日までのことは何も覚えていないの?」「え・・ええ。」
ところが結婚も反対しないへチャンに首をひねる。 
サンヨン帰宅  皆で食事する。 「ボンマンの誕生日のスープよりおいしいわ。」と失言するへチャン 「!?」 皆の手が止まる。「去年の誕生日は海外ロケだった。」「だ、だったらおととしかな?」
d0107579_1847109.jpg

 サンヨンがビデオを見せる。 ヌンが撮った、高校生に戻ったへチャンの映像 「何なの?」ととぼける。 「あいつに運動靴まで借りたそうだな?」「運動靴じゃなく体操着よ。」 「?!」
「疲れちゃった」と部屋に戻るへチャン
帰り道のボンギュとへウォン 「お姉ちゃん、全部覚えてたのね・・。」「とまどってるんだよ。」「そうね・・・。」

イム・ジオクと会うボンギュとへウォン 「考えてくれた?」と母 「・・・ごめんなさい。」と手話のボンギュ 代わりにへウォンが答える。「ボンギュを思うおじいさんを考えると行けないそうです。」
立派に育ててくれておじいさんには感謝していると言う母 「最後に・・一度だけ抱きしめてもいい?」 うなずくボンギュ 抱き合う二人

サンヨンの家 「不動産屋が来る・・家を売って慰謝料を払ってやるから留学しろ。俺と暮らしたくないんだろ?事故の前から俺を嫌っていたからな。最近の記憶が戻らないなら仕方ないさ。」「・・・・・・。」部屋に入るへチャン 
電話するサンヨン 「注文したものがいつ届きますか?」
「覚えてると言えば良かった・・・。」反省するへチャン へウォンからの電話を受ける。 イムがボンギュを連れていくと言っておじいさんから追い出され、数日後には出国することを聞く。

イムと会うへチャン 「お義母さん、私妊娠したんです。」 自分の指輪をはずしてへチャンにはめてやるイム 「ボンマンを・・愛してくれてありがとう・・。」 ボンマンの父との結婚指輪だと言う。「こんな日を夢見ていたわ・・。」 「・・・ボンギュの結婚式を待たずに帰るんですか?」 行かないほうが・・ボンマンも望まないわ・・・・。「彼も本当は来て欲しいはずです。」とへチャン 「私が欲張りすぎたのね・・ボンギュと暮らしたかった。でもおじいさんが大事に育ててくれたのね。」

家に帰るとベビー用品一式の山 驚くへチャン 中には手紙が・・。「誰になんと言われようと一緒にいよう。別々に暮すのはつらすぎる。」
後ろから近づくサンヨン 
d0107579_18483587.jpg
「おめでとう。」「知ってたの?」「もちろんさ・・・・覚えてないふりなんかするなよ・・。」「・・・・自分自身に戸惑ってたの・・・。それにかなり困らせたから・・。」「少しは良心があるんだな。」「でももう一度だけ若返りたいな・・。」 笑うサンヨン 
母親と会って指輪をもらったと話すへチャン 「受け取るなよ・・。」とサンヨン「お母さんの結婚指輪よ。」「・・・・・・。」
ベッドで二人 「日記には愛してると書きながら、どうして離婚なんて言い出したんだ?」「・・・あんたのジャマばかりしてたから・・記憶を失わなければ仕事が減ることもなかった・・・それに私のそばにいるのは愛じゃなくて責任感のせいかも・・・そう思ったの。」「バカだな・・・。」頬をつねるサンヨン  「これからは嬉しいとかつらいとか気持ちを表現しろ。黙って家を出たりしないで・・いいな?」 布団の中でじゃれあう二人

ボンギュとへウォンが大魔王の家に出撃 「ワシは絶対に許さん。」 「諦めようと思ったんですが、赤ちゃんが・・・。」と大うそ。 喜ぶおばさん 「何ということを・・・。」 そこへ二人来訪 「報告があるんです・・・赤ちゃんが・・。」「知ってる。」とおじいさん 「孫を見たいと言ってたのに嬉しくないの?」とサンヨン 「じゃあ・・・・。」大喜びのおばさん 「おめでたいことが続きますね。」
「ハハハハ・・」笑いの止まらないお爺さん
新婚旅行はアメリカに行くというボンギュ 察するお爺さん 「母親に会いにいくということか?」「母さんを憎まないで・・・。」とボンギュ 「あの女に会うなら縁を切る。」と立ち上がるお爺さん
へチャンが説得する。 20年も息子に会えなかったお母さんの気持ちを察してください・・・ボンギュのために結婚式に参加できるようにしてください・・・きっと喜ぶはずです、お義母さんも・・・。

サンヨンと話すボンギュ 会った瞬間、母親と実感したこと、いつも会ってるような気がして不思議去った・・・母さんにいい思い出を作ってあげたい・・。
母の写真をみるサンヨン へチャンが入ってくる。「明日見送らなくていいの?」「いいんだ。」「じゃあ空港まで連れていって。」「・・・いやだ。」

空港前 車を降りるへチャン 「あなた行かない?」「ああ・・」
ジヨンが見送りに来ている。 イムはちょっとトイレに・・・。 へチャンが来る。 「・・・・妊娠、おめでとう。とても幸せそうだわ・・。」「ありがとう・・。」
トイレから出てくるイム サンヨンが走り寄る。「ボンマン・・。」「・・・・」「来てくれて有難う・・。」「・・・・」「行くわ・・。」「母さん・・・・・。母さんが来たことに腹を立てたんじゃない・・・・ただ・・・・来るのが遅すぎたから腹が立ったんだ・・・。」
d0107579_18495215.jpg
 振り向くイム  涙が溢れるサンヨン 「ボンギュの結婚式・・・来るだろ?」「・・・・」

大魔王が、エアメールの束を開いている。『もう中学生だなんて信じられないわ・・制服姿はすてきでしょうね?二人は似てるかしら?』  読みながら、考えこむ爺さん

結婚式当日 「へウォン・・見違えるほどキレイだわ・・。」とへチャン 控え室に現れるマネージャー 「お美しいです。 ラストチャンスです・・・今からでも『卒業』のように・・・。」「ユンオさん・・司会よろしく!」 陰からボンギュを見ている母 後ろから近づく爺さん 気付くイム 「すみません、顔だけでも見ようかと・・。」と立ち去ろうとする。「せっかく来たのに帰るのか?式を見て行け。・・・旅行先での面倒も頼むぞ。」  言葉もないイム
式が始まる 涙ぐむへチャン 隣にはイムが・・・。
d0107579_1851383.jpg


学校のそばのお婆さんの店に行くサンヨンとへチャン 妊娠したことを告げると「することはしたんだね?」 頭をかくサンヨン
「授業は終わったのか?」ヌンに声をかけるサンヨン 「お久しぶり」とへチャン 用があると言うサンヨン ヌンに「へチャンを送ってやってくれ。後でな。」 微笑あう二人
話す二人 「じゃあ29才に戻ったんですね。」「どうかしら・・・今となってはあの頃が懐かしい。」「僕のせいでつらかった?」「そんなことない。・・・・私には友達が出来た。」 以前の私は夢と希望も失ってたけど、ヌンが取り戻してくれた・・・一緒に映画学校に通い・・・熱烈に愛された・・。」
噛み締めて聞くヌン 「妙な気分だな・・・僕の知ってる先輩じゃなく、本物の大人みたいだ。」「寂しいことを・・・あんただけは永遠に私を18歳として見てくれる約束でしょ?行きましょう。」 立ち上がる二人

「これは俺たちの話じゃないか・・・。」 へチャンが書いたシナリオを読むサンヨン  「なぜ死ぬまで愛してると言わないんだ?」「誰かさんと一緒だわ。」「そんな男たちは死んでから後悔するはず。」「・・・あ、あ・・・言わなくてもわかるだろ?」
とにかく自分でもエンディングが気にいらないと言うへチャン 部屋でPCと首っ引き  ラマーズ法を習ったんだとサンヨンが呼ぶ。 「言うことを聞けよ、また流産したいのか?」「ひどいわ、何てこと言うの?」 出て行くへチャン ため息のサンヨン
外に誘うサンヨン 学校の校庭 「どうしてここに?」 身分証と10ウォンを大きな木の根元に埋めるサンヨン 「これで死ぬまで君は俺のものだ・・。」「この木がきられなければそうかもね・・・ははっ。」   「・・・・・世の中に向かってへチャンは俺の女性だと叫んだ・・・なのにまだ聞きたいことがあるのか・・・? 」「いいえ・・言葉なんかどうでもいいわ・・・時々確かめたいだけよ・・・。」「だから問題を起こしてたのか?」 「そうかもね・・・天と地が知る秘密よ・・。」「俺をだましてたのか?ばれちゃった?」
心でつぶやく二人 「ボンマン・・・18歳になって初めてわかったことがあるの・・・あなたと離れるなんて有り得ないことだと。」「へチャン・・あの時君が18歳になってなければ、俺はきっと11年間君と過ごした宝石のような思い出を見つけられなかった・・・。」
逃げるへチャン 追いかけるサンヨン
d0107579_18545663.jpg

PCの前のへチャン 「・・・・へヨンの記憶は戻り、人々は喜んだが、全てはボンスの愛を確かめるためのへヨンの計略だった。完 『18・29』作者 ユ・へチャン 満足げな顔
色々な会社を回るがなかなか相手にされないへチャン  ところがジヨンの叔母から電話がある。「今回のシナリオはよく書けてるわ。チャン監督がすぐにでも撮影に入りたいそうよ。」 主人公はサンヨンさんにして欲しいとお願いするへチャン  映画化するのは脚本がいいからで、彼とは関係ないと言う叔母  ジヨンが言う、「おばさん、もう一度チャンスを与えてみては?おばさんも彼が適役と思ったはず・・。」「・・・・。」
d0107579_1856117.jpg


家で料理するサンヨン へチャンが帰宅する 「ボンマン、いい知らせがあるの。私のシナリオが映画になるの。 主人公は誰だと思う?・・・・カン・サンヨンよ。」
演劇もあるし・・・それに映画に出たいなんて言った覚えはないぞ?  お腹の赤ちゃんに話しかけるへチャン 「洋服も買ってあげたかったのに・・仕方ないわ・・私もやめるわ。」「・・・・・・」

撮影  サンヨンとジヨンのからみのシーン  キスじゃなく、抱擁に変えましょうと頼むへチャン
大きなお腹。 出来ないという監督   二人の唇が近づく・・・へチャンが急にうめく。「お腹が痛い・・・産まれそうだわ・・・・。」 駆け寄るサンヨン へチャンを抱える。 ぺロッと陰で舌を出すへチャン

赤ん坊をあやすサンヨン 「泣かないで。」 鍋で煮たおむつを取り出す。 「ジンソル・・いい子だから泣くなよ。」 「子供の面倒も見られないの?」 近づくへチャン 赤ん坊を彼から奪い取りだっこする。 泣き止まない赤ん坊に「一人暮らしがしたい・・。」つぶやくサンヨン 仲良く3ショット!
d0107579_18574198.jpg

[PR]

by ymmt4495 | 2007-07-30 01:24 | 18・29~妻が突然18歳!? | Comments(0)  

<< マイガール 第6話 壊れたHDD&DVD レコーダー >>