韓国ドラマ   銭の戦争(쩐의전쟁) (全20話)

見ました。 うむ・・・

靴下製造会社を経営する父を持ち、自身はソウル大出の証券マン クム・ナラ(パク・シニャン)は、高利貸しで財をなしたポン女史の孫娘、チャヨン(キム・ジョンファ)と婚約中
順風満帆に見えた人生がある日を境に180度変わる
それは妹の晴れの日に訪れる。
d0107579_2333671.jpg

父がヤミ金に手を出したため、いつのまにか膨れ上がった借金が5億ウォン
御祝儀まで取り立てに遭い、結婚式がめちゃめちゃに
d0107579_23344533.jpg
 
そして勤務先まで執拗に付きまとわれ、ついには職を失うナラ 
d0107579_1525248.jpg

仲のよくない友人カン・インヒョクにまで借金を申し込むナラ  カンが口説きおとそうと必死だったのはソマン銀行の美しい行員ジュヒ(パク・ジニ)  ナラはそこで彼女と初めて出会う。 彼女が落した500ウォン玉をネコばばしたのだった。
d0107579_132999.jpg


d0107579_143342.jpg

一文も残らず身ぐるみはがされたナラは、ポン女史に借金の申し込みをするが、条件を出される
お金をとるか、孫娘チャヨンをとるか・・・・
お前よりお金だ・・・・。  お金をとったナラ
それほど追い詰められていたのだった  

別れの言葉も「お金はないか?」 
d0107579_151315.jpg

チャヨンにばらまかれた札束を拾い集めるまで金を欲するナラ


ついに地獄のような取り立てを苦にした父が自殺  心労で倒れた母も、用意した手術費まで取り立てにあったため、手術を受けられず後を追うように亡くなる
d0107579_23352315.jpg

立て続けに襲いかかる不幸
妹夫妻まで危害が及ぶため一家バラバラに暮らすことに

 
その後失踪し、路上生活者にまでおちる   恩師とばったり出会ったナラは一晩だけ世話になる
d0107579_2338895.jpg
 
そこにはあの500ウォンのジュヒが・・。 恩師の娘だった



殺鼠剤入りの残飯を食べたため死にかけたナラ  命を助けてもらった同じ路上生活者のチョルスから伝説の金貸しトクゴの噂を聞いたナラは弟子入りを志願する  
d0107579_23385233.jpg

一流の金貸しになりたいんです
d0107579_23393363.jpg

難題をクリアしてやっと門に入ることを許されたナラは、師匠の勧めで高利貸しのマ・ドンポのもとに潜り込む  彼が父を死に追いやった業者と知らないまま

そこで情け容赦無い取り立てをしながらも、お金を借りた人たちの人生や様々な人を見ていくナラは師匠のトクゴとの問答によっても色々なことを学んでいく

ジュヒの父、つまりナラの恩師もまた人の保証人になったため、ヤミ金に手を出し、1億の借金に追われており、娘の職場までヤミ金業者が来る始末  逃げる中でナラにも借金があることを知るジュヒ
d0107579_23425655.jpg


ガソリンスタンドで夜も働く父を見るジュヒの苦しみ  またマ・ドンポにまで土下座する父を見て
結婚で返してやると決意するジュヒ
お金持ちのカン・インヒョクに望まれるままの結婚式当日
d0107579_23402427.jpg

終了間際に異議を申し立て、結婚をぶち壊すナラ  狙いは御祝儀  それさえも取り立てる
d0107579_23442322.jpg

怒るジュヒ 「また結婚しようかしら。それともお葬式?」
トクゴにつぶやくナラ 「金ってよく見ると、悲しい模様をしてますね。」

財界の大物が集まるパーティーにつれていくトクゴ
そこでハ・ウソン(シン・ドンウク)と会うナラ  「あいつはお前にないものを持っている。あいつとの争いは避けろ。」と言うトクゴ ウソンは実はトクゴの最初の弟子だった。

金をこよなく愛するマ社長
d0107579_053687.jpg

ポン女史が人と組んで、金融会社を買収する噂を耳にはさんでいた。
BA社の買収に食指が動くマ  ポン女史に大金を見せ自分の参入を迫る心づもりでいた


借金があるというジュヒの弱みにつけこみ、彼女が勤務する銀行が株を持っている金融会社BA会社の買収を狙うハ・ウソンに情報を盗むように言われたジュヒは、良心を売ることに耐えられず一億のお金にもなびかなかった。
d0107579_23462988.jpg
 
ここが買収されれば金利が上がり、また苦しむ人たちが増えることになると憂える師匠だったが
資金のまったくないナラにはなすすべもなく
d0107579_042723.jpg



 カモメ派ナンバー3のトングにも取り立てに行かされるナラ
そこで頭を働かせまんまと2億ウォンを手にすることになったナラにトングの捨て台詞
d0107579_23465519.jpg

トングとハ・ウソンは実は施設で一緒に育った仲であった。 痛めつけるにはまだ早いと止めるウソン

そうやって手に入れた金でジュヒと恩師の借金を肩代わりしてやるナラ  
d0107579_021286.jpg

その代りに本人を担保として手助けの要請があれば来てもらうことにする 
d0107579_23472923.jpg

互いに500ウォン、担保と呼び合う二人  何かしてもらうごとに、良くできました、のハンコを押してやるナラ 二人を近づけるスタンプ帳

ポン女史の孫、チャヨンが高利貸しのGG社を立ち上げ、客がマから借りたお金をまずは返してやり、低利で貸すことを始めたため、商売あがったりの不安に襲われたマ・ドンポ
トクゴから、倒産する前にナラに謝ればポン女史との仲を取り持ってやってもいいと言われたが



ある書類を探すうち、マ・ドンポが自分の父を死に追いやったことをついに知ったナラは彼に襲いかかる。 が、殺しかねない勢いにジュヒが必死で止める。 師匠からも父親はドンポのせいでなく、金のせいで死んだんだ。お前の器はその程度だったのかと諭されるナラ
一週間放浪するナラ  金を稼ぎ、みんな俺が審判を下してやると決意する
かえってきたナラは静かに仕事に戻っていた。おびえるマ
d0107579_2348798.jpg



BA社の買収計画に加わりたいマ・ドンポは全財産をぶちこむ勢いでポン女史のもとへ何度も訪れる。
トクゴから、マ・ドンポが銀行に預けないで現ナマで大金を持っているらしいと聞くナラ
ある日、事務所の床板が外れることに気づいたナラは地下室を見つける
「担保」にきてもらい暗唱番号を何万組もの組み合わせで試す二人
d0107579_23491854.jpg

ゴルフクラブにパウダーをつけ、マの触れた番号が浮き出る
ある日もナラが下にもぐっているとマが帰ってくる  
マ社長と上で踊って間を持たせるジュヒ
d0107579_23494253.jpg

ついにあいたドア    50億の現ナマを目にしたときの驚きと興奮
d0107579_23502851.jpg


そのころ、親のいないハ・ウソンには孫娘をやらないと話すポン女史の話を立ち聞きしてしまったウソンのある決意は・・。
d0107579_212340.jpg


金を移動させるナラ
買収計画に参加する直前で、一生をかけて集めた金が消えた。ショックで倒れるマ社長
d0107579_23505636.jpg

父の仇の下で働いた代価としてもらったと言うナラ
いいことに使いますからと枕もとでささやく。
目覚めたマに告げる。「本当に良かった。金のせいで死んじゃいけない。今度俺に会ったら俺を殺すかひざまずいて泣きわめけ・・・」
動かない体でうめくマ・ドンポ

事務所は路上生活で知り合ったチョルスに引き継がせるナラ そして一度はBA社の買収する意志を固めたのだが・・・
事業パートナーになるはずのポン女史が、ウソンの策略で脱税の罪で捕まってしまう

ウソンが筆頭株主たちをお金で買収し、ドンクたちに襲われて50億も消えた。
BA社の買収が完全に不可能になり絶望するナラ
だが、一から出直す決意をさせてくれたのはジュヒだった。

しかしその後、彼らの隠し場所から奪い返せた50億ウォンを、ナラは募金会場で、マ・ドンポの名前で全額寄付してしまう
d0107579_258663.jpg


世の中に食われてしまわないか・・・金に呑みこまれてしまわないか怖い
不安を口にしていたナラ  その時から好きになったと言うジュヒ 頑張っても悪人になれない・・・。
いつしか愛し合うようになっていたナラとジュヒ
d0107579_2573950.jpg



BA社の買収計画はその後・・・
そして、倒れたマ・ドンポが少しづつ回復してきていた。
ナラは・・・そしてジュヒは・・・

------------------------------------

げげっ・・・ しょっぱなからゲロゲロ地獄のこのドラマ、どうなることやらと思いつつ
最初の3話くらいは展開がスピーディーでなんだかわくわく
しかし・・・その後はトーンが落ち気味
見事にお金に困った人、お金に執着した人たちの登場で、心身ともにえぐい場面が多い。 内容自体も分かりづらくて、こんなに上でお話をまとめるのに苦労したのは初めて
自分でもどうしていいやらと悶絶

師匠も伝説の人、という割にはカリスマ性は感じられなかったし、企業の買収ならば、「ジュリエットの男」のほうが何倍もどきどきして手に汗を握りましたよ。
テーマはなあに? 結局はお金というものの無常感を表したかったの~?どうかしら~?
それにしてもあのラスト・・・驚き
ジュ、ジュヒはどうしてくれるの~~ジュヒ~・・  まるで「振り返れば奴がいる」のようなエンディング
人に恨まれたらダメよね~と改めて思ったけれど、こんな終わり方って・・
ボー然・・・
ま、金の恨みは恐ろしいということで・・。

このドラマの収穫は、「ストック」に出てた美人女優 パク・ジニを久しぶりに見れたことかしらん
清廉潔白に生きてて気が強い女性を演じたら最高ですよね、彼女。 とてもゴージャスな正統派美女。 パク・シニャン氏・・・うん、パリの恋人の時はああいう持ち味が要求されてたから許せたけど、今回はもう一つ浸れなかったですね、私は。 「パク・シニャンの演技」が好きかどうかでこのドラマの評価も分かれそう  鬼気迫るところもあったし、浮浪者姿も上手かった。 彼の演技は評価しますよ・・ でも・・・ロケ中に中国当局までしょっぴかれたという、グリーンローズのコ・スには惨敗かな?

並、でしたね。(酷評ですか?)  この歌の虚しい感じはとても好きでした・・・
うむ・・反動でなんだか切ない甘いドラマを見たくなってきた

----

しかし、四字熟語、韓国では多いんですね。 知らないものが多かったですわ。
字面(じづら)をみてるだけで、とっても風情があるの~
急に問われて口に出した一つ目は本人の人生観、二つ目は恋愛観とか
ドラマ内でそれでその人となりをはかるシーンがありましたが・・
面白そうなので試してみたいけど、すらっと出てくる人が、今の日本人にいるだろうか
・・・・・・やめときましょう

自分がぱっと浮かんだのがこの二つ  支離滅裂  傍若無人
近からずとも・・・


ちょっぴりどっきり
[PR]

by ymmt4495 | 2008-06-10 00:07 | 2008年 上半期視聴ドラマ | Comments(6)  

Commented by haru at 2008-06-11 14:39 x
銭の戦争の視聴、お疲れ様でしたー。確かに導入部分は展開が速くておもしろかったですが、だんだんトーンダウンしていきましたね。で、最後があれ、で、後味の悪いドラマになってしまいました。 
今(これも始まったばかりでどういうことになるかわかりませんが)、一番の楽しみは「私の生涯最後のスキャンダル」です。
チェ・ジンシルをはじめ、芸達者な面々が揃っています。
おばさん(の私)にもまだ多少残っている乙女心をくすぐります。 今晩が楽しみです~
ところで、最後の「ちょっぴりどっきり」が気になるのですが
どんな意味がかくされているのか、おたずねしてもいいですか?
Commented by ymmt4495 at 2008-06-11 16:08
銭、ありがとうございました。 お陰様ではやばやと視聴で
きました。 しかし・・いっぱいエピソードが詰め込まれていて、
今回くらいあらすじをまとめるのに苦労したものは・・・(涙目)
並、とさせていただきました。 今「不良カップル」を立て続けに
視聴中ですが、展開が読めるのに、まあまあいけてるかな、と。
「生涯最後の・・」は、そうですか・・・わくわく楽しみです。 全部とれてから一挙にどーんといきますね。
で、どっきりの意味? ・・・どなたかに試してみてください。 
四字熟語、結構当たってるのではと思った次第です。
支離滅裂な人生、というのが自分でも苦笑いしたとでも
言っときま~す。♡
Commented by haru at 2008-06-11 16:51 x
「ちょっぴりどっきり」の意味、わかりました。
今晩さっそく主人に試してみます(笑)
Commented by haru at 2008-06-12 09:01 x
続けて、失礼します。
一つ目が「一心不乱」、二つ目が「一石二鳥」でした。
その四文字熟語が何を表しているのかを告げたあと、二人で大笑いしました。
一石二鳥って…
Commented by ymmt4495 at 2008-06-12 12:04
haru ssi・・・・
朝から爆笑させていただきました・・・。 今後その二つを聞くと   〇〇君のお顔がちらつきそう・・・
Commented by ymmt4495 at 2008-06-12 12:31
で、我が家も試してみたかったのですが、こんな面白いものがあると既に話したあとだったので、残念   真っ白な状態で試してみたかったですね。(-。-)y-゜゜゜

<< 韓国ドラマ  不良カップル(불... ハングル初級 Ⅱ-3 ... >>