韓国ドラマ 私の生涯最後のスキャンダル(마지막 스캔들)(全16話)

ホン・ソニ(チェ・ジンシル)は39歳 娘ジミンと姑、出入りと口出しの多い義妹に囲まれ、事業のために帰ってこない夫を待ちながら、友人と単発のエキストラをしながら暮らしている。

30歳のときにモデルから俳優に転身して2年のソン・ジェビン(チョン・ジュノ)
彼の本名はチャン・ドンチョル 本当の年齢は39歳  実は芸能プロダクション経営の兄チャン・ドンファのプロデュースした作品である「ソン・ジェビン  年は32歳」は今をときめくスター
d0107579_435375.jpg

ロケ先で乱闘騒ぎがあって以来お互いにむかつくやつとロックオンしていた人が初恋の人とつゆ知らず  
d0107579_4355088.jpg

というのも昔CMに出たことがあるほどの美少女だったソニは今や冴えない女になり下がっていたし、片やドンチョルは年も名前も偽っていたから

マネージャーの計らいで、初恋の女性の連絡先を知ったドンチョルは、電話をかけてみる。
ソニには木の輸入をしていると嘘をつく。「実業家なのね。」  
d0107579_4545292.jpg

「今も綺麗だろ?」「・・・・・・」



ある日、家の分譲権があたって喜んでいたソニのもとに  夫のアン・ユシクを詐欺罪で逮捕したと裁判所から人が来る  多額の借金をかかえ、おまけに夫を出してやるにもお金が・・・
友人の勧めでダメもとで実業家と聞いていたドンチョルにお金を貸してもらえるかもと電話する。
会うことにする二人
ホテルのスイートでそわそわしながら待つドンチョル
ピンポン
ドアを開けるとそこにはあのおばさんが・・  すべてを察するドンチョル
とっさにとぼける 「誰ですか?弟みたいな僕を同級生だと?」
d0107579_4372119.jpg

よくも平気でとぼけたわね・・・頭にくるソニ
しかし後がないソニ  尿失禁の手術を受ければ女性保険のお金が下りると聞きつけ果敢に挑戦するが、専門用語を聞き間違い、膣緊縮手術をされてしまうドジをする

その整形外科でもばったり会ってしまった二人  20年ぶりに会った友達に対する態度ではなかったドンチョルに腹を立てたソニ 
d0107579_439307.jpg
 知られてしまった秘密を彼女にばらされるかもと不安を感じたドンチョルは、「スター、ソン・ジェビン」を守るためソニのもとに現れ、彼女の口封じのためにもう一度やり直せるなら・・・と大芝居を打ったため、すっかり勘違いしたソニが自宅に現れる。

「一日だけ許すから・・・私を買って。」 (動画はここ
d0107579_4362481.jpg

そこへ社長である兄が帰宅する。とっさにヘルパーに来た人だとごまかすドンチョル その後ソニが今まで住んでいた家を追い出されたことで、成り行き上住み込みでスター、ソン・ジェビンの家の離れに娘と共に暮らすことになってしまう。
d0107579_444838.jpg

その邸宅には兄であるドンファの息子、フンがいた。  母親はもとからいない。
ソ二の娘のジニと親しくなる
d0107579_4431185.jpg

一方ソ二の夫は、資産家の未亡人に見込まれ、保釈金も出してもらい同居を始めていた。
会員制ワインバーの経営も任され、実質妻と子を捨てていたのだが、その事実を全く知らないソ二だった。 義母と義妹からも船に乗ったと聞かされていたから 
d0107579_4401870.jpg

女優イ・ナユンがアメリカから帰国した。目的は「すべてをこの手に入れるため」
ナユンに冷たいジェビン 「兄貴の昔の女とかかわる気はない。」
実はこの二人はかつて恋人同士だった。
d0107579_441141.jpg

不潔で強情で嫌味な「ソン・ジェビン」の家でのヘルパーとしての生活
兄ドンファにも同級生であることは内緒で気安くこき使い、おちょくってばかりのドンチョルだったが、おりにふれて語らう二人。 男所帯だったのに、おいしい料理、フンに対する気づかいなどで雰囲気が変わってくる家  兄のドンファが秘かにナニを目で追うようになっていく
d0107579_451157.jpg

パーティーにも連れて行くドンチョルはソ二の大改造も試みる。  うかつにも美しい寝顔に見入ってしまうのだった。 
d0107579_4413987.jpg
 
その後、偶然ソ二の夫の悪党ぶりを知ってしまうドンチョルは、夫を信じて疑わず、家庭の再構築を夢見るソニに何も言えずにいた。 たびたびソ二のもとに現れる夫は、借金のための偽装離婚と言い含め、まんまと判を押させる。 そうして自分は何食わぬ顔で資産家の女性と婚約式をすることを知ったジェビンは夫を痛めつける。 別ルートから悪党ぶりを知った兄のドンファも、夫に騙されているソ二をどうしたものかと案じていた。
d0107579_4463553.jpg

ソニにとっては夫のためにした前向きな離婚   離婚のお祝いをしてやるジェビン 
「からかってる?」「からかってなんかない。 頑張れってエールだよ。」
d0107579_4472413.jpg

ところが夫と同じ名前の載った婚約式の案内状を偶然目にしたソ二が、確認しに会場に現れたのを見たドンチョルは、振り向くのを止めるために抱きしめる。
「行くな。」
眩しいほどのフラッシュがたかれる  それを見たナユンが唇を噛みしめる
d0107579_4495130.jpg

ドンファの機転でジャケットをかぶせ二人を逃がす。 報道陣が家に押し掛けるが誰もヘルパーが相手と思わずソニには目もくれない。
最近の作品をジェビンと撮っているナユンが記者会見を勝手に開く。 「ソン・ジェビン氏と最近お付き合いを始めました。」
先日の女性は映画のPRだと言う。
ヘルパーごときに負けた屈辱を晴らすナユン

社長から、弟の恋は止めても友情は止めたくない・・・と聞くソ二  暗に恋に発展してはいけないとストップをかけられたのだった。
一緒にお酒を飲むソ二と社長
d0107579_15494686.jpg


ナニの夫に会うドンチョル 夫に金を渡し、守るべきものを守れと最後の賭けに出る
だがナニを呼び出し、ジェビンの家を出る金を渡している場所に婚約者ジョンスクが現れ
態度を豹変させる夫  「くどいぞ。子供はお前が育てる約束だ。 金をやったからつきまとうな。」すべてを知ったナニが泣き崩れる。
心配で駆け付けたドンチョル
「いいか・・・よく聞け。 今からお前とは友達をやめる・・・。」
d0107579_15501311.jpg


手をつながなければ通せんぼだ。 急速に近づく二人

二人がうたた寝をしているところを見たナユンが社長に詰め寄る。「私があなたの女じゃないと話して。彼のためよ、あの女をやめさせて。」
d0107579_15485772.jpg

地下室で寝ているソ二の前髪におずおずと触れるドンファ
d0107579_1551856.jpg
 
「何してるんだ・・。」 ドンチョルが下りてきていた。 「・・・・・・ホレちゃだめか?・・・俺は許されても、おまえはダメだ。」との兄の言葉
d0107579_15513478.jpg

ソン・ジェビンの知らなかった秘密が明かされる時がくる

---------------------------------------------------------
大人の童話でしたね。 ただ、有名俳優との恋と言っても、もともと初恋同士であって
やけぼっくいに火がついたというだけ
当時成就しなかった恋だったが年を経て、もう一度恋をし直す・・・そんな感じです。
たまたま相手がスターであったがために、スキャンダルということに
そのドキドキ感は良かったですね。 また終盤の、ソン・ジェビンの名を捨て去ろうとしたドンチョル、家族の再生場面あたりはすがすがしさを感じました。
ただ、久々にヒロインが年増?で、自分に一番近くて感情移入ができるはず・・・・なのにあまり出来なかった。 なぜだろう。 スタイルが良くてめかしこんだらカッコいいチェ・ジンシルに華が無かったのか、いやいやチョン・ジュノのお顔が端正すぎてだめだったのか・・・。
そうだな・・若年寄って感じだったもの・・・(失礼) どうも端正すぎる男優さんに拒否反応が・・。なんか男前に恨みでもあるのかっ?
そして15年も結婚生活を送っていながら、全く夫の悪徳ぶりに気付かなかったのかと、あまりのぼんやりぶりにもひいたし、その天然ボケの彼女に二人の男性が群がる気持ちも分からない。 ま、「自分の好む切なさ」が無かっただけなのでしょうけど・・・・。 今回のいかにもスターという男優さんが好みの部類ならばはまれる度合いが強いでしょうね。 だって好みは色々ですから・・・。 高2の時に、好きなタイプのアイドルや若手俳優の名前を挙げる人たちの中で、ひとり「北大路欣也」と挙げて(ファンのかたすみません)皆を一瞬しんとさせた子がいたのを思い出しましたが・・・正統派美男俳優ではあるでしょう。

最近ドラマを見る目が厳しくなってしまって、よほどじゃないと高得点がつかなくなってしまいました。これは目が肥えて幸せなのか、あるいはある意味不幸なのか・・・

私は並の上にしておきます。

動画←ネタばれ


かなり後で知った、昔の愛らしさ→ここ
---------------------------
10月初めにチェ・ジンシルさんが自殺されました。
11月からパート2を撮る予定だったそうで・・・。 最近見たばかりだったので動揺していますが・・。 合掌
[PR]

by ymmt4495 | 2008-07-29 02:26 | 2008年 下半期視聴ドラマ | Comments(4)  

Commented by haru at 2008-08-01 15:37 x
こんにちは。毎日暑い日が続きますねー。ちょっぴりご無沙汰していた間に、新しい映画やドラマのあらすじや画像が沢山アップされていたので、びっくりいたしました。体調はもう復活されましたか?
ラストスキャンダル、前半はかなり入れこんで見ていましたが、後半は私もトーンダウンしていきました。初恋の人が大事というのはわかるのですが、別れ方がまずかったとはいえ子供までもうけた人に対してああいう気持ちになれるのだろうかと。ソニと愛をはぐくんでいく過程がもっと描かれていれば違和感もなかったかもしれませんが、再会してからそんなに時間は経っていなかったですよね?
しかし、憎めないドンチョルとカッコいいジェビンを演じ分けているチョン・ジュノ氏はグー!でしたし、ソニの元夫の意外な(私にとっては)コメディ演技には感心させられましたし、私は十分楽しんでみることができした。
8月には同窓会がありますね。 しっかり楽しんできてくださいね(^^)
Commented by ymmt4495 at 2008-08-01 16:22
暑さのピークですね・・。お互いこたえる年に?なりました。
また病院に行ってCTまで撮ったのですが、原因は分からず
抗生剤を飲んで様子を見ます。
最近ドラマを一視聴者として楽しめなくなってきてまして、ついつい
どの場面をとろうかとか、そんなことばかり考えながら観てしまいます。 そんなことも評価を下げている原因かも?
もっと自分を解き放たねば~~^^
同窓会・・・ありがとうございます。 ソ二のように、火のつくような、
やけぼっくいはありませんが(笑)
Commented at 2009-10-05 17:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ymmt4495 at 2009-10-05 19:52
え?ワタクシのこと? な~んて
このドラマ、自身の評価と違って意外に凄く高いんですよね。
好みかな~と思ってたんですが…
若いころはこの方ほんとに愛らしいです。何度も言いますが
それを知ってたら笑いどころ満載でしたね。

<< 韓国ドラマ  戻って来て、スネ... 韓国映画 春の日のクマは好きで... >>