映画  ホテルビーナス (The Hotel Venus)


この街にいる理由もない、また同じように出る理由もなく、ここ、ビーナスの経営するホテルに
逗留する人たち
そこのカフェでウェイターやランドリーサービスの手伝いをして働くチョナン
皆の生活を静かに見守りながら暮らす日々
d0107579_144217.jpg

酒びたりのドクター 医療事故以来無気力に生きる。 そんなドクターに向かい、金切り声をあげるワイフ
d0107579_151112.jpg

花屋で働くソーダ  はじけるように笑うからソーダ しかしはじけた笑顔は、はじけて消えていたのに
d0107579_154298.jpg

10年前、母にここに置いていかれたボウイ  自分を責め、自分が弱いからと・・強くなりたいんだと・・。 何が強いか知らないで言い続ける。
d0107579_1333544.jpg

そんなビーナスに父娘がやってくる。 ガイとサイ  一言も口をきかない少女サイ
d0107579_164616.jpg

ビーナスは言う。 誰も近づかないでくれ。 でも誰もいなくならないでくれ・・・そんな目
アンタもああいう目をしてたよ。
d0107579_1151560.jpg

チョナンもワケありでここに来た身
心に鍵のかかっていない・・でも扉の開け方が分からなくなっているサイの心をほぐそうとする皆
d0107579_172469.jpg

サイが少しずつ心を開き始める。
だが、他のどこかで誰かが心を閉じる。
そんなホテルビーナス
d0107579_175782.jpg

皆が救われるときは来るのか
d0107579_191294.jpg


---------------------------------------------------------
どこでロケしたのでしょうか。 日本でも韓国でもないその場所で、話される言葉は韓国語、という映画  どこか場末の香りを漂わせ、怪しいおかまのママが登場し、食事と言えばビーンズ料理とパンとコーヒーのみ  どこかしら、アメリカ南部っぽい?
極端に少ないセリフに無表情な登場人物、そして無彩色、がらんとしてて殺風景な部屋、その上、光と影ばかり  たまに入るチョナンのタップダンスと足もと(ウェスタンブーツ)のアップ 流れるのは心地いい音楽 →これ →削除されてますね…
・・・・・・・・・・なに?この感性が分からぬか?という強迫的なものを感じちゃったよ・・・どうしよ~
ん、だけど後半のドクターとワイフのある場面でぐっと来ちゃった。
この映画、市村正親氏が出てるからか、まるで舞台を見てるようでしたね。
又見るか・・・・う~ん、チョナン氏(草彅くん)の韓国語がかなり上手いので、お勉強にはいいかも  憂いのある表情が良かったですよね。 で、イ・ジュンギ氏・・演技がワンパターンでした。犬とオオカミんときと同じじゃん  まだあどけなかったです。  久々不思議な雰囲気の映画を見ましたね  けだるさ、余韻、そして生活感のなさ 、 軽い絶望感、 小さな希望が詰まっていました。
動画はここ

love psychedelico の Eveybody needs somebodyの曲もいれとこか→ここ


韓国語は下手だったけど(そんなことを言える立場じゃないのですが・・)やはり美しかった中谷美紀
d0107579_18448.jpg

71点
[PR]

by ymmt4495 | 2008-09-20 00:56 | 映画(洋画・邦画その他) | Comments(2)  

Commented by yama at 2008-09-22 20:39 x
ご覧になられたのですね。
撮影場所は確かウズベキスタンだったような気がします。
BGM大好きでOSTも手に入れました^^たまに流しています。
私はDESPERADOをキュンとしてきいてます・・・・・・・

私はこのブルーっぽい色も好きでした~
静かな流れがまた好きでした。チョナンが好きでみたのですが、イルマーレと同様にどこか惹かれる映画で時々見返しているんですよ~わたしもまた秋の夜長にみてみようかしら。
またお話させてくださいね^^
Commented by ymmt4495 at 2008-09-22 21:14
見せていただいてコマウォでした。 映画の雰囲気どうにか伝わってますか? 今でなくて当時見ていたら、今では馴染みの韓国俳優さんたちに気づいていなかったかも~ 
ラブサイケデリコもいいけど、あのけだるい音楽もいいですね~
それからこの映画は韓国語の響きでいいと思いましたが・・
で、ウズベキスタン・・・・・・え~っと・・どのへんや・・
エキゾチックでした。

<< 韓国ドラマ いいかげんな興信所... ハングル初級  Ⅱ-4 ... >>