韓国ドラマ  その女 (그 여자)(全20話)

むむ・・結構はまる

ユン・ジス(シム・へジン)は専業主婦  大学教授であるチョン・ジェミン(チャン・ドンジク)との間に一人娘のダインをもうけ、結婚12年目  家を快適にしつらえるのが妻の務め、と家事に手を抜かない日々を送っていた。またそれを心から楽しんでいたジス
夫の友人であるソクジェとその妻ジョンソンも感嘆するほどの完璧さ
d0107579_20505728.jpg


ある日、夫の研修先に結婚記念日を共に祝うつもりで同行するジス  だがチョン教授には愛人がいた。
ソクジェ夫妻の友人、オ・セジョン(オ・ユナ)  秘かに潜行していた関係
夫に欺かれ愛人と会っていると露知らず、ジスは旅先でひとり行動する
灯台の下ではしゃいでいる美しい女に目が釘づけになったのは、若きク・ドヨン
d0107579_2051456.jpg
d0107579_20522287.jpg

二人は旅先で何度も出くわし、野の花を愛するなど互いに似通ったものを感じたのだったが、そのまま別れた。
d0107579_21221954.jpg


ところが、ドヨンの担当する番組の取材で訪れたのが、ジスの家だった。 再会する二人
d0107579_20532813.jpg


ある日、ジスが夫に愛人がいることを嗅ぎつけショックを受ける。   追い討ちをかけるように、夫から愛したことなどないと告げられるジス
ジスの憔悴した様子を気遣うドヨン 何か家庭の問題があると察しつつ 
d0107579_21225581.jpg


なぜやさしくしてくれるの?と問うジスに、最初は可愛いおばさんだと・・・。そして寒そうだと・・・。そんな奴はけとばして僕に来てくれと言うドヨン
d0107579_212186.jpg


ドヨンは夫の友人ソクジェの後輩であった。「 私は先輩の友人の妻 子供もいる主婦なのよ。」

夫の愛人セジョンはドヨンに惹かれていたが、多くの男と違い、自分に全く関心を示さない。
d0107579_21182336.jpg
 
そのことにむしゃくしゃした彼女がジスの留守中に夫と寝室に入った。
それに出くわしたジスの狂乱 
d0107579_21125280.jpg


その後セジョンと会うジス 自分は離婚はしないが、彼女に夫と同居するよう提案する 
d0107579_22462052.jpg


だが彼女に侮辱的な言葉を投げ付けられ、とうとうドヨンに救いを求めた
d0107579_21173731.jpg

「あなたが必要なの・・・。」
夜を共に過ごす二人
d0107579_21203486.jpg

d0107579_22161276.jpg

ドヨンが目覚めると、ジスはもういなかった。「ごめんなさい、ありがとう。」のメモを残して・・・・。

絶対に守りたいと執着していた家庭だったが、これを機に吹っ切れたように離婚に向かうジス 
追い出された夫は、ドヨンに心変わりしたセジョンに拒否された。
d0107579_2113163.jpg


離婚したことは言わず、ドヨンに別れを告げるジス
d0107579_21124469.jpg

裏切った夫への仕返しに自分の気持ちを利用したと勘違いし、失意のままアメリカへ出国するドヨン
初めて愛した人を見送れず空港で泣くセジョン

そして二年後




セジョンとドヨンが帰国した。 二年前、三日後にセジョンがドヨンを追って渡米し、二人は結婚した。
愛した女は「野菊の女」一人だけと言うドヨンに、それでもいいと押しかけた末の結婚だった。
d0107579_20561330.jpg


「ダインの家」というインテリアショップを勉強を続けながら経営するジス 
番組のため、候補作品を見ていたドヨンの手が止まる。心惹かれたポートフォリオに書かれた名前はユン・ジス
二人は再会し、ドヨンの担当番組でジスはフードコーディネーターとして共に働くことになる
d0107579_21135249.jpg


間もなくドヨンは、自分が渡米前にジスが離婚していたことを知りショックを受ける  そして、 自分がその時の愛人だとばれることを恐れるセジョン
d0107579_22211086.jpg


その頃、夫が大いに反省し、ジスに復縁を求めようと足しげく店にやってくるようになっていた。
d0107579_2125049.jpg


ある日、仕事場に来たドヨンの妻を見て驚くジス 家庭をめちゃくちゃにしたあの憎き女 オ・セジョンだった。
d0107579_20541333.jpg
d0107579_2054517.jpg


相変わらずジスを見るたび心揺れるドヨン またその揺れを察したセジョンがその女見たさにスタッフをある日招く
現れたのはユン・ジス
d0107579_213163.jpg


そして、彼女こそがドヨンの言う「野菊の女」と分かる日が来る・・・・・・


-------------------------------------------------------------


揃いも揃ってうさんくさい俳優さんばかりの登場で、これはどうなるかと楽しみでしたが期待を裏切らなかったですね。 チョン・ソンファンって今まで悪役しか見たこと無かったので、ドラマ内でにっこり笑ったらなんだか最初は気味悪い・・・・・でも後半は男前だ・・・・と、うっとり  ちょっとマジックにかかったかしら~
またシム・へジンの大人の女の可愛らしさも良かったですよね。 彼女って大抵気がキツイ役なんだけど、それなのにしっとりとしてて魅力ありました。
・・・それに愛人専門のオ・ユナ 肉体勝負には必ず出てきますよね~彼女  まさに女の対比で言うと静と動でした。
しかし、長い、このドラマ。 20話もいらない。 追い詰められたセジョンが理屈にならない理屈を並べ立てて相手を煙に巻くシーンが多くてね~ それだけ必死だったということだけど
そしてドラマ「ケ セラ セラ」でもそうだったけど、一度男女の仲になったのに、一緒に仕事をしなければならない状態って、ほんとになまめかしい。 そこを理性で抑えると言うのかな?ドキドキさせるところでは有ります。

d0107579_2116393.jpg
「あなたを心に沈めたはずが・・・無理だった・・・。」


とにかくこのドラマ ドロドロ
また立場が逆転したときのすうっとした気持ちに醍醐味も・・・
意外に面白いです。 

しかしいつの世も恋の世界は残酷だわとしみじみする 若い恋も中年の恋も老いらくの恋も・・ 
一つのカップルが誕生する陰にはわらわらと恋の敗者も生まれるわけだから


d0107579_20553979.jpg

←個人的にキム・ジョンナンが好きで(青い草原の上でのエラン叔母さん)、やっぱりここでも良かったわ~
ユーモラス部門担当でしたけど 毒々しい内容を中和してくれてました、この二人 可愛い~






娯楽性あり 上の下
[PR]

by ymmt4495 | 2009-03-09 19:03 | 2009年 上半期視聴ドラマ | Comments(0)  

<< 韓国映画  回し蹴り ハングル 小さな疑問 >>