韓国ドラマ 一枝梅 (イルジメ)(일지매) 全20話

 この世界に酔いました・・・ かかる音楽を聴くと気分が高揚しちゃう。   これを使った総括映像 
061.gif色々映像と曲は次のページにあります。
(注:you tubeのものはすぐ削除されてしまいます)

-------------------

 光海君を退け、現王をたてた功臣の一人であるイ・ウォノを父に持つギョムは、優しい母と姉と一家4人で暮らしていた。 そして、美しい梅の花の咲く庭で、絵や書や剣術を父から教わっていた幸せな日々
d0107579_1312161.jpg


イ家の方角に、万人に崇められる強烈な太陽の気を感じた盲目の予言師は、その場で王の側近に殺害され息子と娘が逃げた。

 ギョムは父と出かけた漢陽で、盗みの罪を着せられた少年チャドルを助けてやった。
d0107579_13223489.jpg
 

現れた母親を見て驚く父ウォノ
d0107579_21415790.jpg
 
d0107579_21423449.jpg
 
かつて自分の屋敷で下働きをしており、 愛し合った仲の女性だった。
d0107579_1962950.jpg


自分の意志でなく、やむなく屋敷を出した女が、その当時自分の子を宿していたとは知らず・・・
チャドルもまた、助けてくれた人が自分の実の父と知らず、いつか恩を返すと誓うのだった。

チャドルに罪をきせた息子、シワンの無礼を詫びに来た判伊ピョン・シクに同行した娘ウンチェは、梅の木の上でギョムと運命の出会いをする
d0107579_1964756.jpg

王がウォノのまっすぐな進言を嫌い、前王の復権を企んだものたちとして、ウォノらを一掃する命令を下す

d0107579_1992032.jpg

「空に太陽は一つでいい」

タンを過去助けてやり、一緒に暮らす元コソ泥のセドルは、チャドルを学堂に通わせるお金のため、言われるまま或る屋敷の床下に、文書を埋める仕事をピョン・シクから請け負った。
しかし血で書かれた文字に怖気づき、逃げ帰ったところを消されそうになった。 その父を助けるためチャドルが代わりに、謀反人を仕立て上げるためのニセの血判書を埋めた。
d0107579_19103727.jpg
 

再び消されそうになる父子を救ったのはタン  お腹にイ・ウォノの子を宿しながら10年前、望まれて一度だけ関係を持ったピョン・シクの息子だととっさに嘘をつき、二人の命は助かった。 チャドルの将来を思い、そのままピョン家の庶子として育ててもらうことにし、泣く泣く手放したのだった。

イ・ウォノの屋敷に剣客が押し入る。 ギョムを戸棚に隠し、そのまま刃に倒れる父 
d0107579_19115424.jpg


小さな穴から見えた、剣に彫られた文様が目に焼きつくギョム 

良心の呵責に耐えかね戻った現場で、子供の泣き声のする戸棚を背負って家に持ち帰るセドル
そのまま大逆罪人の家族としてギョムは狙われる身に

街で出会った予言師の子供である兄妹と逃げるギョムは 妹のボンスンに、父の形見である帯飾りをやる その後、兄は自分と間違われて殺され、妹は自分と共に逃げる途中、刺客に捕まってしまった。 だが、身寄りを失った幼いボンスンは、無常を感じ、人斬りを辞めようと決意した男について行った。
d0107579_2012285.jpg


囚人の実の母をも母と呼べず、高熱を出したのちに記憶を失うギョム
d0107579_20142435.jpg

そのギョムをヨンと名づけ、自分たちの子として育てることにするセドルとタン


そして13年後・・・・

日々怪しい商売をしている坊主である父ヨンガルと、その娘ボンスンと知り合うヨン  この優しい育ての父は、ボンスンも知らないが、実は家族を殺した仇   かつてヨンと一緒に逃げた、予言師の娘がボンスンだった。互いに気づかない二人
d0107579_20381212.jpg


ピョン家で育ったチャドルはシフと名を替え、科挙の武科受験を目ざしていた。出来のいいシフをよく思わない正妻の子シワンに事あるごとにいやがらせをされるシフを、いつも助けてくれたのは心優しい妹ウンチェ
d0107579_2045771.jpg


彼女をそっと見守るシフ
d0107579_13261511.jpg
 



一方、卑しい身分なのに学堂に通うと、シワンらから執拗で壮絶ないじめに遭うヨン  ある時は木に釣られ、ある時は井戸にぶちこまれ、また獣の落とし穴に落とされた。

倒れていたヨンがうわ言でギョムと口走ったため、当時の下っ端役人であった猟師が、父親のイ・ウォノと同じ功臣である左議政シム・ギウォンのところに連れて行く  「ギョム?」 誰もが口にするその言葉に自分の出生が気になリ始めるヨン
d0107579_20423438.jpg


いじめを知った父セドルがシワンに報復したため、腕を斬り落とされることに
d0107579_20483526.jpg


シワンの企みと知らず、父セドルを救うため、お金を賭けて戦うヨンとシフ  自分たちがイ・ウォノの息子であり、実は異母兄弟であることも知らないで
d0107579_20172349.jpg


その戦いで頭を強打したヨンがすべての記憶を取り戻し、生家を訪れる
d0107579_20184057.jpg


この目で見た剣の紋様を書き写す  
d0107579_20200100.jpg

自分が探したために姉が命を失ったことに絶望する が、必ず父を殺した奴を見つけ出し、復讐することを梅の木のもとで誓う

或る時生家の梅の木で、ウンチェと再会するヨン  だが、彼女はヨンがあの時のギョムであると気付かない
d0107579_21515336.jpg


胸に剣の紋様の刺青をし、それが誰の物なのか手がかりを探すために、また私腹を肥やす重臣たちの家に忍び込んで財宝を盗み、貧しい人たちに分け与えるため盗賊となるのだった。
d0107579_20225552.jpg


自分が侵入した証しに残してくる梅の画
d0107579_20251122.jpg


その後、養父セドルだけでなく、坊主のヨンガルにも師事し、最強の義賊となっていく

イルジメとして名をとどろかせ始めるギョム(ヨン)
また、ウンチェお嬢様とイルジメが恋仲であるとの噂も広がってくる
そして、イ・ウォノの息子が生存していると嗅ぎつけられ、つけ狙われて行くのだった。
闘うべき相手、父の敵は果たして誰なのか・・・・・

-----------------------------------------------------------------

は~ 酔った酔った。 美しい映像と、音楽とアクションにね
特にイ・ジュンギ氏のファンではなかったけれど、華々しいあのアクションで目がハートに。 あれをこなせる方はそういないんじゃないかと・・・何度でも見たいくらいのシーンが数ヵ所ありますね。 躍動感と美しさと緊迫感とで息をのむ。 舞うように相手を倒すところに見惚れたし、あの剣さばきは必見ものと言いたい。

あーー私ってチャンバラが好きだったんだ・・・初めて知る自分の潜在意識

 ウンチェとの恋も切なくて、自分が「町のチンピラであるヨン」を装ってて、イルジメであることは決して明かせないわけですよ。 なのにお嬢様ったらイルジメの時はそれはそれは優しく接してくれるのに、ヨンには剣もほろろ  ここは泣かせるところ
 またシフ  自分がイ・ウォノの息子と知らず、ピョン家に出され、自分のアイデンティティーはどこにあるのか分からない状態も可哀そうだったですね。 今まで父と思ってた人が二回も覆されて、実は別の人なんて、聞いたら混乱するでしょ     ま・・・ドラマか・・
で、パク・シフがシフを演じてたわけですが、あの硬質な美しさも見どころでしたね。表情は固くても、内にたぎる熱いものがあり凛としてる・・・そんな男 ぴったりだったわ~  好きな人にはたまらない「静」の魅力でしょう。 剣さばきが素敵

d0107579_2253377.jpg
←そして、このドラマの立役者は何と言っても二人の養父セドル あったかくて情が深くて
人懐っこい笑顔がたまらない。 ドラマの親子編のシーンはちょっと感傷的すぎて引いたところもあるにはあったけれど、無償の愛にとにかく泣けたわ。 ベストキャストでした。


また出てくる情けないバカボンたちが上手すぎるって~ ヒーローを演じるのも難しいけれど、あの情けなさを演じた彼らにも拍手だね。  特にシワンのバカボンぶりは最高でした。

とにかく数奇な運命に翻弄され、孤独に闘う男 イ・ジュンギ氏ってそんなのがお似合いですよね
いっつも血だらけ  またこれが似合う似合う~

ドラマの最後は、あーーーーーーとなるわけですが、どこぞであの最後の色んな解釈を調べてちょっとほっとしたところです。 そうだったらいいなあ^^

d0107579_2254484.jpg
←個人的にギョムのお父さんイ・ウォノが風格があって素敵だな~と・・・・斬られ方まで紳士? 
しかし最初見たときどこかで見たぞ


あれ~ 誰だったっけ ?


     この人でした!↓d0107579_22553778.jpg
「止まらぬ愛」での、やんちゃな中年既婚男性 めちゃ甲高い声のあのおっさんが、イ・ウォノ?
・・・・・・・・・・・・・。
役者さんて凄い。声からして別人だわ。 
と言っても、以前ここでも私は好きだと言ってたので、どんなに姿を変えても好みってことが判明しました。 はは

(いかん・・・・・またこれを見たくなってきたぞ)


--------------------------------------------
では美しいシーンで終了します

うっとりしたのは、シフの放った火のついた矢が提灯を射抜いたときかな?
d0107579_534744.jpg


サイボーグ風だな
d0107579_22551736.jpg


馬での散歩時にかかる歌 いいんですよねこれが      遥かなる・・・・そんな言葉が浮かんでくる
ここ

d0107579_22562633.jpg


光り輝いてるし        「ナン イルジメニカ」
美しすぎるこのお姿
d0107579_22571370.jpg


ふわりと舞うように屋根を飛ぶ そのオープニングの姿にうっとり 月を前に孤独感を感じるじゃないですか
遠吠えしたい気分  ここ
d0107579_22581332.jpg
 
音楽がめちゃカッコいい・・・ 武装するときのリズムと一致しててね・・・いい曲だわ~

ここ

最後まで引き込まれたドラマ
特上入り

こんなドラマ   ここ

他にも色々な曲がありましたね  ここ  ここ
やっぱりこの曲がなければシマらない   ここ
(残念ですが、映像はすぐ削除されます)
[PR]

by ymmt4495 | 2009-04-27 18:01 | 2009年 上半期視聴ドラマ | Comments(4)  

Commented at 2009-06-30 19:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ymmt4495 at 2009-06-30 20:48
観ましたか? そりゃそりゃ目がハートになったでしょう(笑)
かっこよかったですよね~ 彼にしかできませんって。
と言いつつ実はシフも気に入ってるんです。
最後あーーーーっとなりましたが、イルジメのいつも使ってる剣は
父の教えのとおり、刃が無いもので、それを相手が拾ったところまでちゃんと巻き戻して確認しました。だからラストは…
何やってんだか…
You Tubeで相当!映像を拾いましたから、遊んでって下さいな^^
Commented at 2009-06-30 21:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ymmt4495 at 2009-06-30 21:12
あれ、いらしたの?びっくり(笑) あの側近との闘いの場面はネット上で論議されたおりましたので、つい。
そうそう、かっこいい人たちが多かったわ。
で、公式ガイドブックまで?(笑) まるでワタクシのバリ出来の時のようですわね
OSTは1300円もしません。口に合わないランチ?(そんなんあったっけ)より価値あります。

<< 子供の日 ぶらっと箕面の滝へ  ここ最近で一番ハマったドラマ ... >>